ムラサキシキブ

2009年10月23日 (金)

黄色い森へようこそ!

薬用植物園の方はもう、ほとんど店じまいの様相です。Pa230096

ナツツバキが見事に紅葉していました。
Pa230097

Pa230098ナツツバキの実です。

ニシキギも真っ赤です。Pa230099

Pa230100ニシキギの実です。

階段を登って北方系生態観察園に入ると、ムラサキシキブの実がお出迎えです。
Pa230103

Pa230108落ち葉の中から生えていたミズナラの実生。こういうのを見るとなんだかうれしくなります。

森の中は黄色く染まっていました。Pa230111これはサワシバです。

Pa230114サワシバくんは冬芽を準備したばかりでした。まだ緑色をしています。これから灰色っぽい茶色になるはずです。

Pa230119これはアズキナシ。

Pa230214こちらのアズキナシくんは、実をつけていました。と言うことは、花が咲いていたのね。見逃しました。残念。

黄色くなるのは木々の葉っぱだけじゃありません。地面に生えている草本の類もキレイに黄葉になっているものがあります。これはトチバニンジンです。
Pa230110

Pa230131Pa230113ナニワズとフッキソウは今の時期に花芽をつけ、来春咲きます。

Pa230155フデリンドウくんも来年の準備完了しています。

 

Pa230134コモチミミコウモリ。ちょっと不気味な花です。名前の由来のむかごがついています。

 

Pa230124ルイヨウショウマの実。たわわです。

Pa230137ミヤマガマズミの実。熟れきった赤。

 

Pa230144 マムシグサ(左)と、種が全部飛んで行った後のオオウバユリの実。

Pa230145 地面に落ちたヤマブドウの実。

Pa230151 ルイヨウボタンの実(左)とツルリンドウの実。

Pa230156エゾユズリハの実。

Pa230160コケの上に落ちたナナカマドの実。

Pa230161 ツルシキミの実。 

Pa230135 紅葉真っ盛りです。

Pa230172

Pa230153 赤・黄・茶色の森の中でひときわ目立つ白い葉っぱはコシアブラです。気品のあるたたずまいです。

Pa230181

Pa230189 コマユミの葉です。薄い赤もきれいです。

Pa230202 ツタウルシもこの時期きれいです。

Pa230212 カラマツの葉も黄色くなっていました。普通は落葉しないマツですが、カラマツは落葉松と書くことから分かるように落葉します。そして、春に素晴らしい芽出しを見せてくれるのです。

0254201 0255030 0255036 以上3枚は堀田清の作品でした。

Pa230221これはめずらしいミズナラの紅葉。きれいに赤く色づいていました。ミズナラはたいてい下のような色になるだけで、あまり赤くなったりしないように思うのですが・・・こういうのを見つけるとうれしくなりますね。

Pa230220 これが普通のミズナラ。これもきれいですが・・・

Pa230195 これはミズナラの冬芽です。かっこいいです。

最後はみんな大好きなオオカメノキさんの冬芽でしめましょう。

Pa230186

ウサギさんとカニさんでした。

 

|

2009年8月17日 (月)

8月の薬草園・北方系生態観察園

まずは薬草園からご覧下さい。
P8120558 左はソバの花、右はタンジンという薬草の花です。タンジンはサルビアの仲間です。

P8120560 キササゲの花です。終わりかけでしたが、きれいです。

北方系生態観察園への階段を登りきったところにあるムラサキシキブが開花していました。P8120562小さくてかわいらしいピンク色の花です。秋には珍しい紫色の小粒の実が付きます。

P8120577 オオカメノキの実が赤色に色づいていました。まだフレッシュな赤という感じです。これから色に深みを増していき、最後には黒くなります。

P8120581ルイヨウボタンの実です。左側は色づいていく途中です。七変化という感じです。右側は完全に熟した色、青黒紫という感じの色です。

P8120585 シウリザクラの葉はもう黄色くなって散り始めています。シウリザクラは森で一番に芽吹き、黄葉する間もなく一番に散っていきます。

P8120588 八重咲きのキキョウが美しく咲いていました。

P8120592 サラシナショウマの白いブラシのような、猫のしっぽのような花が咲き始めていました。左は光を受けた蕾です。これからが最盛期です。

P8120603 サラシナショウマの花をアップで撮影するとこんな感じです。キンポウゲ科という感じがします。

P8120596 ハイイヌガヤの実が大きく育っています。これから灰赤色に熟します。

P8120597 実がつき始めたヤマゴボウ(左)と完全に熟したルイヨウショウマの実(右)です。

P8120599 完熟のクルマバツクバネソウの実です。

P8120611 まだら模様のマイヅルソウの実、これから真っ赤に熟していきます。右は完熟のオオアマドコロの実です。

P8120609 ホウチャクソウの実(完熟)です。

P8120615 オオウバユリも青い実になってしまいました。これから秋にかけて熟していき、ぱっかり割れて中から大量の種が出てきます。右はトチバニンジンの実。夏の林床でひときわ目立つ真っ赤な実です。

P8120644 ツリバナの実(左)とキハダの実(右)、どちらもまだ青い実です。

P8120636 ちょっとこわかったので思わず撮ってしまいました。植物とは思えない!ツルアジサイにムカデのような足が!

P8120645 不気味シリーズその2、アキノギンリョウソウです。

P8120620 ツルニンジンの蕾です。もうすぐ咲きます。

P8120643 ツルリンドウの花(左)が咲いていました。右はオオイタドリの雌花。雌花は雄花より遅れて咲きます。今は雌花のシーズンのようです。

P8120646 左はちょっと見難いですが、ネジバナです。まだ咲きかけ、最盛期はもう少しあとです。しかし今年は数が少ないようです。右はフッキソウの蕾ですが、咲くのは来春になります。

P8120649 砂利道のほうへいくと、まだノリウツギが盛大に咲いていました。この花は花期が長いですね。もう盛りを過ぎていますが、元気です。

P8120653 ヨツバヒヨドリの花も彩りを添えています。

P8120657 エビガライチゴ(別名ウラジロイチゴ)の実と、クロミキイチゴ(別名ブラックラズベリー)の実です。どちらも美味しいです。エビガライチゴの葉っぱを裏返してみてください、別名の由来が分かります。






|

2008年10月17日 (金)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その22 秋です~

今日の北方系生態観察園は、ひんやりと涼しいさわやかな空気で満ちていました。

Pa170421

入口にあるムラサキシキブの実が色づいていました。

Pa170427

ツルリンドウの実です。花は9月1日の記事をご覧下さい。

Pa170445

マタタビの実です。

Pa170443

マタタビの実を撮影する私。買ったばかりの新しいカメラで試し撮りです。うまく撮れているかな?現像から上がってくるまでドキドキするのがフィルムカメラの素敵な魅力です。

Pa170432

落ち葉の中にひっそりと、イチヤクソウの花が咲いていました。

Pa170424

ハウチワカエデの紅葉もきれいでした。

Pa170425

オオカメノキも、もうウサギさんが準備しています。

ここから、葉っぱシリーズで行きます。

Pa170441

これはミズナラの葉っぱ。ふちの波々が特徴的です。

よく見ると、左右に伸びている葉脈がほぼ直線で平行になっています。

Pa170439

こちらはサワシバです。これも葉脈が直線で平行になっています。

Pa170440

こちらはアズキナシ。これも同じく葉脈が直線で平行です。サワシバとアズキナシの葉っぱはちょっと似ていますが、サワシバの葉っぱは長いですね。アズキナシは長さと幅があまり違わなくて、先っぽがきゅっと細くなってとがっているのがポイントです。

アズキナシは樹皮にも特徴があります。

Pa170437

左がアズキナシの幹です。でこぼこが少なくて、白いまだら模様があります。

右はハリギリの幹です。深い凹凸があります。

Pa170430

これがハリギリの木です。大きな手のひら型の葉っぱですぐ分かります。

この葉っぱは大きいので、風を受けるとくるくる回って面白いってことを今日発見しました。

葉っぱシリーズはこれでおしまいです。

Pa170451

オオウバユリの実と種です。一株からものすごくたくさんの種がばら撒かれます。

この種はとても軽くて翼が着いているので、2メートルの高さからばら撒かれるとかなり遠くまで飛んでいくでしょうね。10年も地道に力を蓄えて、ようやく花を咲かせて、盛大な花吹雪ならぬ種吹雪で枯れて行くのです。ドラマチックな植物です。大好きです。

Pa170448

最後にまたキノコです。調べてみたら、オオチリメンタケというのが似ている感じでしたが、どうなんでしょう?たぶん、オオチリメンタケってことにしておきます。

 

|

その他のカテゴリー

アオチドリ アカイタヤ アキタブキ アケビ アズキナシ アミガサユリ イカリソウ イケマ イタヤカエデ イチヤクソウ イヌエンジュ イベント情報 ウリノキ エゾアジサイ エゾエンゴサク エゾニュウ エゾニワトコ エゾノリュウキンカ エゾヘビイチゴ エゾムラサキツツジ エゾユズリハ エンコウソウ エンレイソウ オウレン オオアマドコロ オオイタドリ オオウバユリ オオカメノキ オオダイコンソウ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオバボダイジュ オオヤマザクラ オククルマムグラ オシダ オニグルミ オニシモツケ オニノヤガラ オヒョウ カタクリ カラスビシャク カラマツ キツリフネ キハダ キバナノイカリソウ キリ ギョウジャニンニク クリンソウ クルマバソウ クルマバツクバネソウ クルマユリ クワ ケヤマハンノキ ゲンチアナ コシアブラ コマユミ コンロンソウ サラシナショウマ サルナシ サワシバ ザゼンソウ シウリザクラ シナノキ ショウジョウバカマ シラカバ ジギタリス スイレン スハマソウ スミレ セイヨウサクラソウ タチヤナギ タツタソウ タニギキョウ チシマアザミ ツクバネソウ ツタウルシ ツリバナ ツルアジサイ ツルシキミ ツルニンジン ツルリンドウ トチノキ トチバニンジン トモエソウ ナナカマド ナニワズ ニセアカシア ニリンソウ ネコノメソウ ネジバナ ノビネチドリ ノリウツギ ハイイヌガヤ ハウチワカエデ ハクウンボク ハリギリ バイカイカリソウ バイケイソウ ヒスイカズラ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメヘビイチゴ フクジュソウ フッキソウ フデリンドウ ベニバナイチヤクソウ ホウチャクソウ ホオノキ ホザキイカリソウ ボケ ボタン マイヅルソウ マタタビ マムシグサ ミズキ ミズナラ ミズバショウ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミヤマスミレ ムラサキシキブ モクレン ヤブニンジン ヤマウルシ ヤマゴボウ ヤマネコヤナギ ヤマブドウ ユウシュンラン ユキザサ ヨツバヒヨドリ ヨブスマソウ ルイヨウショウマ ルイヨウボタン レンプクソウ 北方系生態観察園 温室 漢方・薬用植物研究会 薬草園 雪解け