サラシナショウマ

2009年8月17日 (月)

8月の薬草園・北方系生態観察園

まずは薬草園からご覧下さい。
P8120558 左はソバの花、右はタンジンという薬草の花です。タンジンはサルビアの仲間です。

P8120560 キササゲの花です。終わりかけでしたが、きれいです。

北方系生態観察園への階段を登りきったところにあるムラサキシキブが開花していました。P8120562小さくてかわいらしいピンク色の花です。秋には珍しい紫色の小粒の実が付きます。

P8120577 オオカメノキの実が赤色に色づいていました。まだフレッシュな赤という感じです。これから色に深みを増していき、最後には黒くなります。

P8120581ルイヨウボタンの実です。左側は色づいていく途中です。七変化という感じです。右側は完全に熟した色、青黒紫という感じの色です。

P8120585 シウリザクラの葉はもう黄色くなって散り始めています。シウリザクラは森で一番に芽吹き、黄葉する間もなく一番に散っていきます。

P8120588 八重咲きのキキョウが美しく咲いていました。

P8120592 サラシナショウマの白いブラシのような、猫のしっぽのような花が咲き始めていました。左は光を受けた蕾です。これからが最盛期です。

P8120603 サラシナショウマの花をアップで撮影するとこんな感じです。キンポウゲ科という感じがします。

P8120596 ハイイヌガヤの実が大きく育っています。これから灰赤色に熟します。

P8120597 実がつき始めたヤマゴボウ(左)と完全に熟したルイヨウショウマの実(右)です。

P8120599 完熟のクルマバツクバネソウの実です。

P8120611 まだら模様のマイヅルソウの実、これから真っ赤に熟していきます。右は完熟のオオアマドコロの実です。

P8120609 ホウチャクソウの実(完熟)です。

P8120615 オオウバユリも青い実になってしまいました。これから秋にかけて熟していき、ぱっかり割れて中から大量の種が出てきます。右はトチバニンジンの実。夏の林床でひときわ目立つ真っ赤な実です。

P8120644 ツリバナの実(左)とキハダの実(右)、どちらもまだ青い実です。

P8120636 ちょっとこわかったので思わず撮ってしまいました。植物とは思えない!ツルアジサイにムカデのような足が!

P8120645 不気味シリーズその2、アキノギンリョウソウです。

P8120620 ツルニンジンの蕾です。もうすぐ咲きます。

P8120643 ツルリンドウの花(左)が咲いていました。右はオオイタドリの雌花。雌花は雄花より遅れて咲きます。今は雌花のシーズンのようです。

P8120646 左はちょっと見難いですが、ネジバナです。まだ咲きかけ、最盛期はもう少しあとです。しかし今年は数が少ないようです。右はフッキソウの蕾ですが、咲くのは来春になります。

P8120649 砂利道のほうへいくと、まだノリウツギが盛大に咲いていました。この花は花期が長いですね。もう盛りを過ぎていますが、元気です。

P8120653 ヨツバヒヨドリの花も彩りを添えています。

P8120657 エビガライチゴ(別名ウラジロイチゴ)の実と、クロミキイチゴ(別名ブラックラズベリー)の実です。どちらも美味しいです。エビガライチゴの葉っぱを裏返してみてください、別名の由来が分かります。






|

2009年6月22日 (月)

第23回 北海道医療大学附属 薬草園を見る会

6月21日、恒例の薬草園を見る会を開催しました。今年は180名あまりのご参加をいただきました。今年の講演は堀田清でした。皆様最後まで熱心に聞いてくださりありがとうございました。2009_0621_0087

薬用植物園と北方系生態観察園の植物で内山翡翠さんが生けてくださった花です。毎年力作をありがとうございます。2009_0621_0083

講演会が終わった後、昼休みを挟んで、観察会です。雨が心配されたのですが、ときおり薄日もさしてまずまずのお天気でした。

この季節の薬用植物園はシャクヤクとサルビアの競演が見事です。2009_0621_0129

ところが北方系生態観察園の方は、春のお花は終わってしまい、夏のお花はまだあまり咲いていない状態で、緑が鬱蒼として、ちょっと観察会にはベストとは言いがたいタイミングです。森林浴気分にはもってこいなのですが・・・2009_0621_0100

散ったキハダの花が地面を地面を埋め尽くしていました。2009_0621_0103

オオハナウドはほとんど花が散って、種になっていました。
2009_0621_0106

ナニワズの実です。これから赤く熟します。2009_0621_0115

ヤマブドウの花です。地味ですが、咲いてます。2009_0621_0121

チシマアザミの花(左)はたくさん咲いていましたが・・・チシマアザミさんには悪いですが、あまり人気が無い花ですね・・・せっかく咲いていてもあまり目に留めてもらえません。
サラシナショウマ(右)はつぼみが出始めましたが、咲くのはずっと遅く、秋になってからです。
2009_0621_0120

これは谷に生えている森で一番大きなケヤマハンノキさんに巻きついているツルアジサイの花。2009_0621_0119

このケヤマハンノキさんは、きっと、橋を挟んで反対側に生えている大きなホオノキさん(下)と共に、この森の神様です。2009_0621_0118
ケヤマハンノキさん、ホオノキさん、その他全ての植物さんたち、今日は、たくさんの人に森の素晴らしさを分かち合ってくださってありがとうございました。

|

2008年8月 4日 (月)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その19 夏です~

 しばらくぶりのブログの更新です。色々なイベントとその準備などで、私自身も久しぶりに北方系生態観察園に入りました。更新が遅れてしまい申し訳ありません。

 先ずは薬草園から・・・

01p8040295

 キキョウの季節になってました。もちろんこの根は重要な漢方薬に配されます。

02p8040296

 シソ科のウツボ草も満開です。

 そして、これまた漢方薬に配される重要な生薬、ベニバナです。もう終盤でした。

03p8040297

 さらに、脾虚の方には欠かすことのできない生薬。チョウセンニンジンの名で知られるオタネニンジンも赤い実をつけていました。

04p8040298

 お盆を過ぎると北海道はあっと言うまに秋になってしまいます。

 さて森の中へ入ると・・・キノコでいっぱいでした。キノコの勉強はまだまだ足りてません。名前の方はご容赦!

 でも、11年前から比べると圧倒的なキノコの発生です。森が着実に豊かになっている証拠でもあります。

06p8040303 08p8040303 09ap8040320 09bp8040320 10p8040320

 カタツムリさんはキノコが大好き?

05p8040303 07p8040303

 美味しいそうに食べてました。

 お次は・・・

11p8040320

 シウリザクラも実をつけて・・・今年はもうそろそろ活動を終えます。

 ルイヨウショウマの実もだんだんと熟しています。

13p8040312

 夏になって花を咲けせる植物もいます。

12p8040309 14p8040327

 サラシナショウマとトモエソウです。

ノリウツギの花に蝶が止まっていました。

15p8040327

 この花も終盤ですが、今が見ごろの花も良く捜せばまだまだあります。

|

その他のカテゴリー

アオチドリ アカイタヤ アキタブキ アケビ アズキナシ アミガサユリ イカリソウ イケマ イタヤカエデ イチヤクソウ イヌエンジュ イベント情報 ウリノキ エゾアジサイ エゾエンゴサク エゾニュウ エゾニワトコ エゾノリュウキンカ エゾヘビイチゴ エゾムラサキツツジ エゾユズリハ エンコウソウ エンレイソウ オウレン オオアマドコロ オオイタドリ オオウバユリ オオカメノキ オオダイコンソウ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオバボダイジュ オオヤマザクラ オククルマムグラ オシダ オニグルミ オニシモツケ オニノヤガラ オヒョウ カタクリ カラスビシャク カラマツ キツリフネ キハダ キバナノイカリソウ キリ ギョウジャニンニク クリンソウ クルマバソウ クルマバツクバネソウ クルマユリ クワ ケヤマハンノキ ゲンチアナ コシアブラ コマユミ コンロンソウ サラシナショウマ サルナシ サワシバ ザゼンソウ シウリザクラ シナノキ ショウジョウバカマ シラカバ ジギタリス スイレン スハマソウ スミレ セイヨウサクラソウ タチヤナギ タツタソウ タニギキョウ チシマアザミ ツクバネソウ ツタウルシ ツリバナ ツルアジサイ ツルシキミ ツルニンジン ツルリンドウ トチノキ トチバニンジン トモエソウ ナナカマド ナニワズ ニセアカシア ニリンソウ ネコノメソウ ネジバナ ノビネチドリ ノリウツギ ハイイヌガヤ ハウチワカエデ ハクウンボク ハリギリ バイカイカリソウ バイケイソウ ヒスイカズラ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメヘビイチゴ フクジュソウ フッキソウ フデリンドウ ベニバナイチヤクソウ ホウチャクソウ ホオノキ ホザキイカリソウ ボケ ボタン マイヅルソウ マタタビ マムシグサ ミズキ ミズナラ ミズバショウ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミヤマスミレ ムラサキシキブ モクレン ヤブニンジン ヤマウルシ ヤマゴボウ ヤマネコヤナギ ヤマブドウ ユウシュンラン ユキザサ ヨツバヒヨドリ ヨブスマソウ ルイヨウショウマ ルイヨウボタン レンプクソウ 北方系生態観察園 温室 漢方・薬用植物研究会 薬草園 雪解け