ユキザサ

2009年5月29日 (金)

春から夏へ

北方系生態観察園の入り口で、マツの花が咲いていました。マツにこんなにキレイな黄色の花が咲くなんてびっくりです。P5290054 P5290047
というわけで、今回は樹木の花シリーズからはじめます。
いきなり咲いてなくて申し訳ありませんが、キハダのつぼみです。P5290044
左はトチノキの花。右はホオノキのつぼみです。どちらも大きい立派な花ですね。2009_05300109
キリの花です。かなり背の高い木で、遠くからしか取れなかったので形が良く分かりませんが、きれいな藤色の花です。2009_05300111
左は桑の花。いつも実は見ていたのですが、花は初めて見ました。でもこれはもう散っているのでしょうか?右はエゾユズリハの花。若葉の緑色とのコントラストがきれいです。2009_05300008
コマユミの花です。2009_05300081
シウリザクラのつぼみ。もうすぐ咲きそうです。2009_05300086

池のほとりの様子です。ミツガシワはほとんど終わってしまいました。2009_05300010
クリンソウは今が盛りです。2009_05300012

木々の葉っぱがどんどん茂って、森の中は急速に鬱蒼としてきました。
これはミズナラの葉っぱです。2009_05300016
この変わった形の葉っぱはオヒョウです。2009_05300041
暗くなってきた林床では、クルマバソウが満開です。2009_05300031
ベニバナイチヤクソウも見ごろです。2009_05300023
オオアマドコロも葉陰にキレイな雫の形の花をぶら下げています。これに似た植物で、ホウチャクソウも咲いていますから探してみてください。2009_05300033
ユキザサの花もひっそりと咲いていました。2009_05300034
ユキザサの花のアップです。2009_05300036

ひんやりじめじめした草葉の影にはアマガエルさんが元気に飛び跳ねていました。2009_05300040
小さいけれどとびきりかわいい花を2つ。フデリンドウ(左)とタニギキョウ(右)です。2009_05300056

アオチドリの花です。2009_05300105

この花を見ると季節はもう夏だなという感じがします。ヤブニンジン(左)とオオダイコンソウ(右)です。
2009_05300063

オオハナウドの花です。大きいです。2009_05300078

裏側から見るとまたステキです。2009_05300079

|

2009年5月15日 (金)

春の森は第二ステージの始まりです

今朝も朝早く北方系生態観察園に出かけました。2009_05150079現在工事の関係で、薬草園には入れません。北方系生態観察園にはこちらの階段を上っていくルートで入っていただくことになっています。階段の前に赤いポストがあります。このポストの中に来園者の記名ノートと、パンフレットが入っています。来園者の方は必ずこの記名ノートにお名前をご記入ください。

水辺の径から北方系生態観察園に入っていきます。2009_05150080
2009_05150082ため池の周りはもうこんなに緑がこんもりしています。
池にはミツガシワが花盛りです。2009_05150085
ゼンマイ(左)とタチツボスミレ(右)です。2009_05150091
ニリンソウは終盤です。中心に種が出来ていますよ。2009_05150094
カタクリさんは種になってしまいました。カタクリさんの後にはクルマバソウさんたくさん伸びてきています。2009_05150154
エゾノリュウキンカさんも終わってしまいました。また来年会えるのを楽しみにしましょう。2009_05150102 後にはオオハナウドやヨブスマソウなど背の高い植物がどんどんエゾノリュウキンカの背丈を追い越して伸びています。アキタブキのトウもひときわ高く立っていました(左)。エゾノリュウキンカの足元を見るとニリンソウも咲いていました(右)。2009_05150103
ベニバナイチヤクソウ(左)、ノビネチドリ(右)はもうつぼみを持っています。2009_05150099
オオバナノエンレイソウ(左)、マムシグサ(右)が咲いていました。2009_05150107
ルイヨウボタンも開花です!この花も花期が短いですから、お見逃しなく。2009_05150124
アカミノエンレイソウ(左)、キバナノイカリソウ(右)です。2009_05150134 エンレイソウには赤実、黒味、緑実の三種類があるんですよ。キバナノイカリソウは、もともとこの山にはなかったのですが、この近辺には普通に生えている植物だということで、植えられました。このように後から植えられた植物が、北方系生態観察園内には何種類かあります。

つぼみをつけている植物たちをご紹介します。2009_05150130 2009_05150127 上段左からツクバネソウ、ユキザサ、トチバニンジン、オオハナウドです。

ここからは、木々たちの様子をご紹介しましょう。2009_05150105
ホオノキの新葉です。2009_05150096
サワシバの新葉です。2009_05150108
オオカメノキ(左)、ハウチワカエデの新葉です。2009_05150116
オヒョウの新葉です。2009_05150139
左はイタヤカエデの花、右は見にくいかも知れませんが、シウリザクラのつぼみです。2009_05150081
タラの芽です。採らないで下さいね(笑)。2009_05150159
最後に展望台から撮影した大学と石狩平野の眺めです。2009_05150150 2009_05150151 田んぼに水が入りました。今や日本一美味しい北海道のお米づくりの始まりです。

|

2009年4月20日 (月)

訂正します

4月14日に紹介したオオウバユリのまわりにつんつん生えていた小さな芽出しを「ギョウジャニンニクの芽出しです」といってしまったのですが・・・2009_04200029
くるりとねじれた葉っぱが出てきて、マイヅルソウの芽出しだったことが判明。訂正します。

これはオオイタドリの赤い芽出しです。2009_04200029
右はユキザサ、左はミヤマスミレです。2009_04200026

|

2008年6月 9日 (月)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その18 森の花は終盤です~

 ブログを更新します。先週見ごろだったボタンの花はもう終わりです。

 このブログを書き始めてからしみじみ思います。植物たちが花を咲かせている時間というのは本当に短い!植物たちの成長を見ていたら、あっと言う間に夏になってしまいました。

 漢方では夏は蕃秀(ばんしゅう)と称し、万物が成長して繁栄華美なることをいいます。天地陰陽の両気が盛んに交合し、万物に花咲かせ実らせる。
①いくらか夜更かしをしても良いが、朝は早く起き、炎天の日長に倦(う)まないよ
 うにつとめなければならない。
②気持ちは常に愉快さを保ち、怒気を含まないように注意しなければならない。
③植物が開花するように、人体にあっても内の陽気を皮膚を通じて外に宣通放散し
 うるように、全て外界志向させなければならない。と説いています。

 働きすぎたと思ったら森の中へ入って、植物たちに火照りを冷やしてもらいましょう。森の中はもう涼しげです!

 さて、薬草園の植物たちも花の季節を迎えています。

先ずは・・・

Photo

 アマの花が開花です。今朝6時半ころに撮影しました。完全に開いていない花もまた良し!

 次はアルニカというキク科の薬用植物です。

Photo_2

 その近くには、当園の吉田氏の育てていたコマクサも咲いていました。

Photo_3

 ボタンの花は終わりましたが、シャクヤクはこれからです。こんな感じです。両方とも重要な漢方薬に配される生薬です。

Photo_5

 女性のヒステリーなどに効果があるとされるカノコソウ(セイヨウ)も開花です。

Photo_6

 森の中にもホオノキはありますが、薬草園内のホオノキも開花です。蕾もありました。

Photo_7 Photo_8

 蕾は明日開花ですね。一昨日、北海道自然協議会の皆さんを森の中へご案内しました。その中にはプロ顔負けの知識を持った方がいらっしゃいます。いつも勉強させてもらっているのですが・・・。ホオノキの花は最初の雌花が咲いてからその周辺の雄花が咲くそうです。びっくり!デスね。

 この時期のホオノキの葉もまた良しです。

Img

 これは北方系生態観察園内のホオノキを撮影しました。この透けてくる緑色の光はたぶん相当体に良いはずです。

 森の中へ入ると・・・

Img_2

 シラカバの雄花ですね。

 オニグルミの雄花も咲いてました。

Img_3

 木だってちゃんと花を咲かせるんです。

 そして・・・シクリザクラの花は完全に終盤です。今年の薬草園を見る会にはどんな植物が花を咲かせているのでしょう?今年は早い!

Img_4

 クロミノエンレイソウの実も相当熟してきました。

Img_5

 クルマバツクバネソウもいつの間にか実をつけてました。

Img_7

 漢方薬に配される重要な薬用植物、トチバニンジンはもうすぐ開花です。

Img_8

 谷へ降りてしばらくいくとこんなのが咲いていました。

Img_9

 満開のユキザサです。

 そして・・・エゾノリュウキンカも実になり、熟した実ははじけて、種が飛び出していました。

Img_10

 オオカメノキももうこんな感じです。実がどんどん熟しています。

Img_11

 森の中で絶好調なのがオオハナウド。

Img_12

 数は少ないですが、オオダイコンソウも開花していました。

Img_13

 ベニバナイチヤクソウも終盤です。

Img_14

 クリンソウは今日明日がみごろです。

Img01_2

 ミズキの花も満開でした。ミズキはその実の熟していくプロセスもまた楽しいです。ぜひご覧になって下さい。

Photo_9

|

2008年6月 3日 (火)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その17 初夏です。~

 今日は6月3日。一週間ぶりのブログの更新です。朝、薬草園と北方系生態観察園へ行ってきました。あっと言う間に植物たちは育っていきます。

 先ずは・・・

01 02_2

 日本のボタン。今が見ごろです。花はあと2日もすると枯れてしまうでしょう。

 チョウセンゴミシの花も終盤でした。ちょっとお見せできません。

 次は・・・

Photo

 よく見るときれいです。ギョウジャニンニクの花が満開!

 そして何故かこの植物が薬草園にあるのです。

Photo_3

 オオアマドコロの花が満開!北方系生態観察園のオオアマドコロは終盤!

 森へ続く階段のそばにはハルジオンが可憐に咲いてました。

Photo_4

 森の入り口には・・・

Photo_5

 大きなバイケイソウが満開です。

 オオハナウドも満開!

Photo_6

 で、早春にカタクリやエゾエンゴサクが満開だった所はもう暗い森になってました。

 こんなふう!

01_2

 ここを右に曲がって階段を登って東の尾根に出ると・・

Photo_7

 待ちに待ったシウリザクラの花が開花しました。目の前で見ることができます。

 そして、やっと新葉を出し始めましたよ!イヌエンジュです。

Photo_8

 東の尾根沿いの森の中はマムシグサでいっぱいでした。

Mamusigusa_2

 ツクバネソウも今が盛り。クルマバツクバネソウはもう実に成り始めてます。

Photo_9

 さらに暗い林床に、パッと雪のような花が・・・

Photo_10

 東の尾根から谷へ降りていく所はこんなふう・・・

 下の左側の写真は谷の方。右が振り返って見たところです。もう夏の様相です。

02_3  03 

 そして・・・早春にエゾノリュウキンカたちで一面黄色だった谷も・・・

04

 光が届きにくい谷になってます。

 今日はこの橋を使わず、奥にある2つ目の橋を超えて、一番急斜面を登りました。

途中にツリバナが開花していました。よーっく見ないと分からない小さなクリーム色の花です。

Photo_11

 ツリバナと同じニシキギ科のコマユミも開花です。とっても地味な花です。

Photo_14

 階段を登りきって、ヒカゲノカズラのある辺りには、珍しいユウシュンランが咲いてました。年々増えています。写真は撮ったのですが・・・ブレました。スミマセン!

 池の方ではクリンソウが見ごろです。

Kurinnsou   Kurinnsou02

 ベニバナイチヤクソウも今が見ごろ。傍のノビネチドリはもう終盤です。

Photo_12

 真新しいサルナシ(コクワ)の葉を逆光で見るとすばらしい!

Photo_13

 森の出口にいるミズキの花も咲き始めました。

Photo_15

|

2008年5月26日 (月)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その16 初夏です。~

 5月最終週です。北方系生態観察園内はもう初夏。木々たちの葉が生い茂り、だんだんと林床に光が届かなくなってきました。

 薬用植物園の薬草たちはこれからが本番です。

 先ずは、薬用植物園の植物たちからご覧になって下さい。

 薬用植物園の入り口には、フジの花が咲きました。一昨年植えたので、りっぱになるにはまだまだ時間がかかりますが・・・お花の色はよいですね。

080526

 薬草園のHPのトップページのボタンの蕾はこんなふうになっています。

080526_2

 皆さん、明日か明後日・・・咲きますよ!お見逃し無く!

 でお次は・・・

080526_3

 森の中にもあるのですが・・・私がこの大学に来たときには薬草園内にいました。マムシグサ(サトイモ科)です。

 同じサトイモ科の仲間でもこれは、漢方薬には欠かせぬものですよ。生薬名は半夏。和名はカラスビシャクです。開花しました。

080526_4

 半夏厚朴湯は気鬱、気滞の特効薬です。

 新しい棚にはこんなのが満開です。

080526_5

 アケビの花ですよ。

 一通り見た後は・・・森へ入ります。入り口までの階段にハルジオンがいました。皆さん、ヒメジオンとの区別、つきますか?

080526_6

 入り口からすぐの階段の右側に目立たないアオチドリ(ラン科、下左)とヤブニンジン(セリ科、下右)の花が開花していました。

080526_7  080526_8

 大きなカタクリたちがたくさんいた場所には・・・

 実がどんどん熟しています。蟻たちがこの種を運び出すのももうすぐ!

080526_9

 クルマバソウも林床一面満開でした。

080526_10

 コンロンソウ(アブラナ科)も満開です。

080526_11

 ふと見上げるとシウリザクラの花芽がいっぱい!あと一週間ほどで開花ですね。

080526_12

 色が変なクルマバツクバネソウを見つけました。昨年も同じ場所にいましたから・・・

080526_13

 森のツクバネソウも満開です。

080526_14

 どちらも目立たない色の花ですよ。お見逃し無く!

 

 さらに・・・

080526_15

 地味な花ですが・・・毒草なのですが・・・よく見るとキレイ!

 下にアップで撮った写真も載せました。

08052602_2

 さらにさらに・・・

 ベニバナイチヤクソウも開花です。ホント、キレイですよ。

080526_17

 そうそう、マイヅルソウも満開です。林床のいたるところに見ることができます。

080526_18

 ユキザサの可憐な花もご覧下さい。

080526_19

 お池のそばに、エンコウソウが満開でした。

080526_20

 そしてお水が大好きなクリンソウも開花し始めました。

080526_21

|

2008年5月 2日 (金)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その13 春は去って行きつつあります!~

 先週末、今週初めとイベントや出張がありまして、8日ぶりのブログ更新になってしまいました。8日・・・。春はあっと言う間に去って行きそうです。今年の春は何か変です。

 先ずは・・・北方系生態観察園の入り口手前にいるサクラが開花しました。

08050202 08050201 08050203

 サクラの花もこの陽気だと週明けには枯れちゃっているかもしれません。

 北方系生態観察園入り口のシラカバの花も満開です。

080502

 下にぶら下がっているのが雄花。上を向いている小さな花が雌花です。

 今日は木の花から入りましたので、北方系生態観察園内の樹木たちの様子をダイジェストでご覧下さい。

 先ずはこれから・・・

080502_2

 サワシバの若葉です。

 次は・・・

080502_3

 縁起木の一つミズキの若葉。

 そして・・・今週末がお花見には最高ですよ!

080502_4

 ハウツワカエデの花が満開です。

 300 mmの望遠マクロレンズで撮ってみると・・・

08050201_3 08050202_2

 葉っぱの形良し、赤い花も良し!

 オオカメノキの花たちも満開です。

080502_7

 で、先週見ごろのピークだったカタクリたちはどうなっているかというと・・・

08050202_3 08050201_4 08050203_2

 今年のお花はもう終わり!また来年まで・・・ということに・・・

 で、一番元気なカタクリたちがたくさんいて、絶好の撮影ポイントだった場所はどうなっているかというと・・・こうです。

08050201_5

 カタクリ、エゾエンゴサクはもう終わり、その代わりに今はニリンソウの白い花が旬をむかえています。

 他の場所もこうです。

08050202_4

 ニリンソウだって色々なのがいるんですよ。

先ずは・・・

08050203_3 08050204

 ちょっと品が良くないけれど・・・ミドリニリンソウです。

 こんなのは見たことがありますか?

08050205 08050206 08050207

 花びらがピンクのニリンソウなんですよ。

 ちょっと森の奥を覗いてみると・・・

080502_5

 まだエゾエンゴサクが満開の場所もあるんです。

 谷のエゾノリュウキンカはこうです。

080502jpg

 これも満開。あと一ヶ月もするとこの場所は木々たちの葉っぱで暗い場所になんですよ。

 東の尾根へ出てみるとこんなのが満開でした。

080502_6

 それから、これから見ごろになる植物たちの様子です。

 先ずはオオアマドコロです。

080502_8

 アズキナの名でよく知られているユキザサももう少しで開花です。

080502_9

 淡い緑色の花を咲かせるこの植物も、もう蕾です。

080502_11

 ルイヨウボタン。漢字名は類葉牡丹です。葉っぱの形が牡丹の葉に似ていることからついた名です。その花の生命はわずか3日ほど。お見逃しなく!

 この植物の花も地味ですが・・・

080502_12

 車葉衝羽草(クルマバツクバネソウ)。この植物は秋まで楽しませてくれます。

 車葉といえば・・・

080502_13

 元祖クルマバソウ。園内に相当広がりました。もうすぐ開花です。

 そして・・・もう実をつけている植物もいます。

08050203_4

 クロミノエンレイソウです。

 そして・・・

08050201_6

 アカミノエンレイソウ。

 さらに園内にはアオミノエンレイソウもいるんですよ。

08050202_5

 違いがお分かりですか?

 今年の春は少し変!春は猛ダッシュで去っていこうとしています。発陳のエネルギーはもう残り少ないです。もらっていない方はぜひお早めにお越しください。

|

2008年4月16日 (水)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その11 緊急情報!カタクリが咲きました~

 緊急情報です!!!!カタクリ開花しました!!!

例年よりも2週間も早い開花!!!昨年は1週間早い!!!・・・地球の温暖化か・・・

先ずは・・・

08041601 08041602

 蕾もこんなに!きっと明日開花かもです。

08041603 08041605 08041606 08041604

 まあざっとこんなふうです。

 春は相当なスピードで加速してやってきます。

080416_2

 どんどん育つ!

 こんなのも・・・

080416_3

 オオウバユリです。

080416_4

 エゾニュウもこんなふう。

080416_5

 バイケイソウ。

08041601_2

08041602_3  08041603_2

 ナニワズも最高潮!

080416_6

 クルマバツクバネソウ。

080416_7

 ユキザサ。

080416_8

 重要な漢方薬に配されるトチバニンジンの芽出し。

080416_9

 エンレイソウの蕾。

080416_10

 ヨブスマソウ。

08041602_4

 オオアマドコロ・・・で・・・次はこうなります。

08041601_3 

 一皮剥けました。

080416_11

 ヒメイチゲも開花です。周辺にいるのはマイヅルソウの葉っぱ。

 谷へ降りると・・・

08041601_4

 エゾノリュウキンカ。

080416_12

 ミズバショウも絶好調!

080416_13

 ザゼンソウ。

 そして・・・

080416_14

 ミドリザゼンソウです。

 今年の春はとっても変です。

|

2008年4月 9日 (水)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その8 エゾエンゴサク三昧&発陳のエネルギー~

 今日は本当に温かな日でした。北方系生態観察園の森の植物たちもどんどん成長しています。

 先ずは森の様子から・・・

08040902_2

 東の尾根へ上る階段にも全く雪が無くなりました。この両側はやがて一面エゾエンゴサクとカタクリでいっぱいになるんです。

080409_3

 正面はさきほどの階段の手前にある森で一番大きなイタヤカエデです。遠くから見ると何も植物たちがいないように見えますが・・・・木の根元に近づき、しゃがんでよーっく見てみると・・・漢方でいう春の「発陳」のエネルギーでいっぱいでした。

先ずは・・・

08040901_4

エゾエンゴサクだらけ・・・でもこの中にカタクリが一株だけいるんですよ(笑)。お分かりでしょうか?

08040901_5

 真ん中に蕾を持ったカタクリ。その両側は若いエゾエンゴサクたちです。

08040902_3

 蕾を持ったエゾエンゴサク。明日開花ですね。きっと!

 まだまだ発陳のエネルギーは続きます。

08040903_2

08040904_2

 すてきな一株だったので、アートっぽく撮影してみました。キャノンの100mmマクロレンズを使ってみました。いかがですか?

08040902_4

 エゾエンゴサクたちの元気はまだまだ続きます。

08040903_3

08040904_3

08040905_2

 正面にピンク色のエゾエンゴサクがいました。近づいて接写すると・・・

 先ほどアートっぽく撮ったエゾエンゴサクを立位置で撮ると・・(下右側)

08040906_2 08040907_2

 いやはや・・・デジカメ一眼レフカメラでもそこそこ撮れます。

 それにしても一口にエゾエンゴサクと言っても実に色々いましたね。どれもこれもよく見ると全て違ってます。実はこれが漢方の一番大切なことなんです。100株のエゾエンゴサクがいたら全て異なる!人も同じです。100人いたら全て異なる生命体である!科学、西洋医学の「人は皆同じ!」と対極的な考え方なんです。どちらが良いとか悪いとかではなく、どちらが正しく、どちらが間違っているとかではなく、人は全て異なる。ここから始めると、ひょっとしたら人間同士の争い事はかなり減るように思えますが。いかがでしょう?

 両方の考え方を合わせると何か新しい哲学が生まれそうな気がするのは私だけでしょうか?

 飛び立つ鳥に見えませんか?カタクリがこんなになってました。

08040901_6

 森の中(東の尾根)の状態はこうです。

08040903_4

 もう雪は全く無くなってます。

 そして・・・エゾニュウがこんなふうになってました。

080409_4

 下の2枚の写真。左がナニワズの雌花。右が雄花です。ご存知でしたか?

080409_5 080409_6

 そして・・・

080409_7

 バイケイソウたちです。

 さらに・・・

080409_8

 クルマバツクバネソウたちです!

 まだまだ発陳のエネルギーをお届けします!

080409_9 080409_10

 上の2枚の写真。左がオオアマドコロ。右がユキザサの芽出し!

 そして・・・

08040901_7 08040902_5

 上の2枚。ルイヨウボタンの発陳エネルギーです。

 で、一気の谷へ降りてみました。

08040904_4

 さすがにまだまだ雪が残ってます。今時期はで・す・ね・・・橋の上に座ると・・雪融け水の流れる音が・・・これまた耳から入ってくる感動!心のクスリってヤツです。雪の上を通ってくるそよ風もまた良し!生きるエネルギーが倍増!ってことになります。

 で、もっと近づいて見ると・・・いやはや、カメラのファインダーの中は春の光でまばゆいばかりでした。エゾノリュウキンカが流れの傍にひっそり!で、そのすぐ傍には・・・ステキな黄色い花が咲いてるってことで・・・!完璧ですね!

08040905_3  08040901_9

08040902_6

08040903_5

 あと半月もするとこの谷は真黄色になっていきます。

 皆さん!一年に一度しか見ることができません。お金を出しても絶対無理なんです。ぜひぜひ見に来て下さい。

|

その他のカテゴリー

アオチドリ アカイタヤ アキタブキ アケビ アズキナシ アミガサユリ イカリソウ イケマ イタヤカエデ イチヤクソウ イヌエンジュ イベント情報 ウリノキ エゾアジサイ エゾエンゴサク エゾニュウ エゾニワトコ エゾノリュウキンカ エゾヘビイチゴ エゾムラサキツツジ エゾユズリハ エンコウソウ エンレイソウ オウレン オオアマドコロ オオイタドリ オオウバユリ オオカメノキ オオダイコンソウ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオバボダイジュ オオヤマザクラ オククルマムグラ オシダ オニグルミ オニシモツケ オニノヤガラ オヒョウ カタクリ カラスビシャク カラマツ キツリフネ キハダ キバナノイカリソウ キリ ギョウジャニンニク クリンソウ クルマバソウ クルマバツクバネソウ クルマユリ クワ ケヤマハンノキ ゲンチアナ コシアブラ コマユミ コンロンソウ サラシナショウマ サルナシ サワシバ ザゼンソウ シウリザクラ シナノキ ショウジョウバカマ シラカバ ジギタリス スイレン スハマソウ スミレ セイヨウサクラソウ タチヤナギ タツタソウ タニギキョウ チシマアザミ ツクバネソウ ツタウルシ ツリバナ ツルアジサイ ツルシキミ ツルニンジン ツルリンドウ トチノキ トチバニンジン トモエソウ ナナカマド ナニワズ ニセアカシア ニリンソウ ネコノメソウ ネジバナ ノビネチドリ ノリウツギ ハイイヌガヤ ハウチワカエデ ハクウンボク ハリギリ バイカイカリソウ バイケイソウ ヒスイカズラ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメヘビイチゴ フクジュソウ フッキソウ フデリンドウ ベニバナイチヤクソウ ホウチャクソウ ホオノキ ホザキイカリソウ ボケ ボタン マイヅルソウ マタタビ マムシグサ ミズキ ミズナラ ミズバショウ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミヤマスミレ ムラサキシキブ モクレン ヤブニンジン ヤマウルシ ヤマゴボウ ヤマネコヤナギ ヤマブドウ ユウシュンラン ユキザサ ヨツバヒヨドリ ヨブスマソウ ルイヨウショウマ ルイヨウボタン レンプクソウ 北方系生態観察園 温室 漢方・薬用植物研究会 薬草園 雪解け