ハイイヌガヤ

2009年8月17日 (月)

8月の薬草園・北方系生態観察園

まずは薬草園からご覧下さい。
P8120558 左はソバの花、右はタンジンという薬草の花です。タンジンはサルビアの仲間です。

P8120560 キササゲの花です。終わりかけでしたが、きれいです。

北方系生態観察園への階段を登りきったところにあるムラサキシキブが開花していました。P8120562小さくてかわいらしいピンク色の花です。秋には珍しい紫色の小粒の実が付きます。

P8120577 オオカメノキの実が赤色に色づいていました。まだフレッシュな赤という感じです。これから色に深みを増していき、最後には黒くなります。

P8120581ルイヨウボタンの実です。左側は色づいていく途中です。七変化という感じです。右側は完全に熟した色、青黒紫という感じの色です。

P8120585 シウリザクラの葉はもう黄色くなって散り始めています。シウリザクラは森で一番に芽吹き、黄葉する間もなく一番に散っていきます。

P8120588 八重咲きのキキョウが美しく咲いていました。

P8120592 サラシナショウマの白いブラシのような、猫のしっぽのような花が咲き始めていました。左は光を受けた蕾です。これからが最盛期です。

P8120603 サラシナショウマの花をアップで撮影するとこんな感じです。キンポウゲ科という感じがします。

P8120596 ハイイヌガヤの実が大きく育っています。これから灰赤色に熟します。

P8120597 実がつき始めたヤマゴボウ(左)と完全に熟したルイヨウショウマの実(右)です。

P8120599 完熟のクルマバツクバネソウの実です。

P8120611 まだら模様のマイヅルソウの実、これから真っ赤に熟していきます。右は完熟のオオアマドコロの実です。

P8120609 ホウチャクソウの実(完熟)です。

P8120615 オオウバユリも青い実になってしまいました。これから秋にかけて熟していき、ぱっかり割れて中から大量の種が出てきます。右はトチバニンジンの実。夏の林床でひときわ目立つ真っ赤な実です。

P8120644 ツリバナの実(左)とキハダの実(右)、どちらもまだ青い実です。

P8120636 ちょっとこわかったので思わず撮ってしまいました。植物とは思えない!ツルアジサイにムカデのような足が!

P8120645 不気味シリーズその2、アキノギンリョウソウです。

P8120620 ツルニンジンの蕾です。もうすぐ咲きます。

P8120643 ツルリンドウの花(左)が咲いていました。右はオオイタドリの雌花。雌花は雄花より遅れて咲きます。今は雌花のシーズンのようです。

P8120646 左はちょっと見難いですが、ネジバナです。まだ咲きかけ、最盛期はもう少しあとです。しかし今年は数が少ないようです。右はフッキソウの蕾ですが、咲くのは来春になります。

P8120649 砂利道のほうへいくと、まだノリウツギが盛大に咲いていました。この花は花期が長いですね。もう盛りを過ぎていますが、元気です。

P8120653 ヨツバヒヨドリの花も彩りを添えています。

P8120657 エビガライチゴ(別名ウラジロイチゴ)の実と、クロミキイチゴ(別名ブラックラズベリー)の実です。どちらも美味しいです。エビガライチゴの葉っぱを裏返してみてください、別名の由来が分かります。






|

2009年4月14日 (火)

カタクリさんが咲きそうです!

ペンギンさんのように見えて楽しませてくれたタチヤナギさんでしたが、とうとうみんな殻が脱げてしまいました。2009_04140079
と思ったら・・・
2009_04140081 一匹だけしぶとく残っていたペンギンさん。

こちらはヤマネコヤナギなんですが・・・2009_04140073 お猿さんに見えませんか?

2009_04140002 左は薬草園のフクジュソウ。右はピンクのスハマソウです。

昨日も今日も気温が高かったので、植物たちもめきめき生長しているだろうなと思いながら山の中へ。
2009_04140027 オオカメノキさんのつぼみがふくらんで来ました。

2009_04140010 エンレイソウさんがもう咲きそうです!

2009_04140008 エゾエンゴサクくんにはさっそくマルハナバチさんが来ていました。
2009_04140018 2009_04140040 ピンクのエゾエンゴサクさんも開花です。

そして・・・
2009_04140017 ついに花びらが開きかけたカタクリさんを発見!

カタクリさんって、
2009_04140009 2009_04140011 はじめつぼみと葉っぱが上向きに伸びて、それから首を下に垂れてから咲くのですね。
エンレイソウさんも同じですが、エンレイソウは下を向いて咲いてからさらに上を向きますよね。

ナニワズくんも満開です。
2009_04140029 2009_04140022

フッキソウさんはまだつぼみです。
2009_04140036

ちょっと似ているつながりで、ハイイヌガヤの花です。こちらはこれで一応咲いているのかな?
2009_04140035

4月10日に紹介したヨブスマソウくん(左)はこんなに伸びていました。右はヨモギの芽出しです。
2009_04140025

同じく4月7日に紹介したコンロンソウさん(左)はこんなに葉っぱを広げていました。右は絡み合うクルマバツクバネソウ。2009_04140030

左は葉っぱが4枚のツクバネソウ、右はクルマバツクバネソウです。2009_04140032

4月12日に紹介したルイヨウボタン(左)は頭の先っぽを出していました(右)。2009_04140051 さらに顔も出した株がありました(左)。右はルイヨウボタンのまだ幼い株です。
2009_04140050

4月8日に紹介したバイケイソウはもうこんなに大きくなっています。2009_04140023

同じく4月7日のエゾニュウはこんなになっています。2009_04140042

これはオオウバユリの芽出し。横に2本突き立っている白いものは去年の開花株の残骸です。今年も立派な花を咲かせてくれるかな?
まわりにたくさん生えている緑色の草はギョウジャニンニクの赤ちゃんマイヅルソウの芽出しです。
2009_04140045

これは立派な大人のギョウジャニンニク。ギョウジャニンニクもカタクリやオオウバユリやエンレイソウと同じく、種が発芽してから開花するまでに10年近くかかるのです。2009_04140046

これはオオアマドコロの芽出しです。他にはない真っ赤な色がポイント。2009_04140052

ヒメイチゲ(左)も咲きました。右はアズマイチゲ。アズマイチゲはもともとこの山には無かったので、これは植えたものです。2009_04140054

これはショウジョウバカマのつぼみ。 2009_041400742009_04140058

谷はこんな様子です。これからエゾノリュウキンカがもっといっぱい出てきて谷はまっ黄色になります。
2009_04140076

4月12日にも撮影したエゾノリュウキンカ。2009_04140066 2009_04140064

ザゼンソウとミズバショウも出ています。2009_04140061 2009_04140069

フキノトウの雄株(左)と雌株(右)です。2009_04140077

|

2008年9月 1日 (月)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その20 秋の気配~

ずっとチェックしに来て下さっていた皆様、2ヶ月以上も新着情報なしでごめんなさい。

写真を撮っていなかったわけではなかったのです。

というわけで、今さらですが、9月1日の薬草園と北方系生態観察園の写真をアップします。

先ずは薬草園から。

P9010009_3

チョウセンゴミシの実です。

P9010028_2

ゲンノショウコの花です。紅白そろっていたので撮ってみました。

お次は北方系生態観察園です。

P9010010_3

オオカメノキの実が真っ赤に色づいています。もうすぐ葉っぱもオレンジ色になっていくでしょう。

P9010012_4

ハイイヌガヤの実です。だいぶ熟してきました。

P9010011_4

ツルニンジンの花が咲いていました。

P9010023_5

ツルリンドウの花もひっそり咲いていました。

P9010026_4

オオイタドリは2メートル以上にもなる巨大な植物ですが、花は小さい花が集まっていて、良く見るとかわいいですね。

P9010017_3

オオアマドコロの実が葉っぱの陰から見えます。大きな葉っぱも黄色く色づいて、もうすぐ枯れて散ってしまいます。

P9010019_4

ツクバネソウの実です。今年も大きく育ってくれました。

P9010029_3

最後に、このキノコは何でしょう?キノコに詳しい方、誰か教えてください!

|

2008年4月 8日 (火)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その7 エゾエンゴサク&エゾノリュウキンカの開花~

 週明けの月曜日に森(北方系生態観察園)へ入りました。どんどん加速して春がやってきています。エゾエンゴサクとエゾノリュウキンカが開花しました。カタクリの蕾も3株ほど出現!!!!です。今年、カタクリ、エゾエンゴサク、エンレイソウ、ニリンソウ、ナニワズ、ヒメイチゲ、ミズバショウ、ザゼンソウでで賑わう森になるのは何時でしょうね?

 このブログ上で紹介していきますので、ぜひ見に来て下さいね!

 さて最初は・・・森ではなく薬草園でこの植物が開花しました。キンポウゲ科の重要な薬用植物なんですよ。

08040701 08040702

 オウレン(黄連)といいます。私の二日酔い防止のための漢方薬、黄連解毒湯に配される薬用植物の1つです。でも・・・健常人にとっては目から入ってくるクスリになるかもしれませんね。背丈は4 cmほどです。この写真はタムロンの180 mmマクロレンズを使って撮影しています。皆さんもマクロレンズを付けたカメラを使って、腹ばいになって、植物たちの息遣いを感じながら・・・旬を感じてみませんか?

 森の入り口にはスハマソウ(キンポウゲ科)が・・・

080407_3

 いやー、もうすばらしいの一言ですね(笑)。

 で、森の入るとすぐ・・・

08040701_4 08040702_4 

 森の沢沿い(湿地帯)にたくさんいるのですが、雪融けのこの季節は湿地帯みたいになるのでしょうね。あちこちに出現します。ザゼンソウ(サトイモ科)です。

 真っ直ぐ歩いていくと森で一番大きくてステキなカタクリの咲く、イタヤカエデの大きな木の根元に着きます。そこにはもう・・・

 100 mmのキャノンのマクロレンズで接写です。皆さんも撮ってみませんか?

08040701_5 08040703_2

08040702_5

 そうです。カタクリ(ユリ科)です。もう蕾を持っているのもいます。先週の金曜日にはいなかったんですけどね・・・いつ開花するのかしら?

 森の整備を始めて10年以上経ちました。斜面の笹を丁寧にかっていくと、毎年どんどん植物たちが増えていきます。なんか・・・地球を元気にする手助けをしているように思えます。「カタクリ防衛隊」とか「地球の薬剤師」って思っちゃいます。

 で、こんなのもどんどん増えてきました。

080407_4

 ご存知、ギョウジャニンニク(ユリ科)です。でも、絶対採らないで下さいね。撮るのはかまいませんけど・・・。30年以上昔は自然も豊かで、山菜も豊富でしたが、化学技術などの物質文明の発達は地球の一番大切な植物たちを激しく減少させました。多くの山菜もそうなのですが、ギョウジャニンニクもカタクリも種から2枚の葉っぱを出すまでにかかる時間は約5年。さらに花を咲かせて、種をつけるようになるまでには8~10年以上。皆さんご存知でしたか?無造作に採って、ただ食べるだけでは済まされない時代を迎えています。地球の大切な元気を食べる以上は何か地球に対してステキな生き方をしてくださいね。

 で、一番雪融けの早い東の尾根ではこんなんになってました。

08040701_6 08040702_6

 ハイ。2008年度は4月7日がエゾエンゴサク(ケシ科)の開花日でした。これも漢方薬、安中散に配される重要な薬用植物です。カタクリ、エゾエンゴサク、ニリンソウ(キンポウゲ科)、エンレイソウ(ユリ科)、ヒメイチゲ(キンポウゲ科)、エゾノリュウキンカ(キンポウゲ科)が一同に咲き乱れるのは一年でもわずか5日ほど。さて今年はいつになるのかしら・・・。一年で一度だけの植物たちの「春の祭典」です。お見逃しなく!

 で、この植物も開花です。

080407_5

 ナニワズ(ジンチョウゲ科)です。さてさてこいつには雄花と雌花があるんですよ。区別がつくでしょうか?

 ナニワズのそばでしゃがんでみました。すると・・・

 08040701_7 080407_6

 クルマバツクバネソウ(ユリ科)と葉っぱが4枚のツクバネソウ(ユリ科)です。どんどん大きくなってます。

 こんなのは見たことありますか?

080407_7

 ハイヌガヤ(イヌガヤ科)の花芽です・・・。ウキウキしてるとついつい見逃してしまいます。

 一気に谷へ降りてみました。

 ついに・・・水の中からエゾノリュウキンカ(キンポウゲ科)の一番花。開花です。谷は雪融け水の流れる音、残雪を通り過ぎる風・・・最高ッス!

 この谷がだんだん黄色に染まっていきます。ザゼンソウもミズバショウも・・・賑やかな谷になっていくにのにはそんなに時間はかかりません。

08040701_8 08040702_7

 エゾエンゴサクとエゾノリュウキンカの開花をお伝えしました。

|

その他のカテゴリー

アオチドリ アカイタヤ アキタブキ アケビ アズキナシ アミガサユリ イカリソウ イケマ イタヤカエデ イチヤクソウ イヌエンジュ イベント情報 ウリノキ エゾアジサイ エゾエンゴサク エゾニュウ エゾニワトコ エゾノリュウキンカ エゾヘビイチゴ エゾムラサキツツジ エゾユズリハ エンコウソウ エンレイソウ オウレン オオアマドコロ オオイタドリ オオウバユリ オオカメノキ オオダイコンソウ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオバボダイジュ オオヤマザクラ オククルマムグラ オシダ オニグルミ オニシモツケ オニノヤガラ オヒョウ カタクリ カラスビシャク カラマツ キツリフネ キハダ キバナノイカリソウ キリ ギョウジャニンニク クリンソウ クルマバソウ クルマバツクバネソウ クルマユリ クワ ケヤマハンノキ ゲンチアナ コシアブラ コマユミ コンロンソウ サラシナショウマ サルナシ サワシバ ザゼンソウ シウリザクラ シナノキ ショウジョウバカマ シラカバ ジギタリス スイレン スハマソウ スミレ セイヨウサクラソウ タチヤナギ タツタソウ タニギキョウ チシマアザミ ツクバネソウ ツタウルシ ツリバナ ツルアジサイ ツルシキミ ツルニンジン ツルリンドウ トチノキ トチバニンジン トモエソウ ナナカマド ナニワズ ニセアカシア ニリンソウ ネコノメソウ ネジバナ ノビネチドリ ノリウツギ ハイイヌガヤ ハウチワカエデ ハクウンボク ハリギリ バイカイカリソウ バイケイソウ ヒスイカズラ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメヘビイチゴ フクジュソウ フッキソウ フデリンドウ ベニバナイチヤクソウ ホウチャクソウ ホオノキ ホザキイカリソウ ボケ ボタン マイヅルソウ マタタビ マムシグサ ミズキ ミズナラ ミズバショウ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミヤマスミレ ムラサキシキブ モクレン ヤブニンジン ヤマウルシ ヤマゴボウ ヤマネコヤナギ ヤマブドウ ユウシュンラン ユキザサ ヨツバヒヨドリ ヨブスマソウ ルイヨウショウマ ルイヨウボタン レンプクソウ 北方系生態観察園 温室 漢方・薬用植物研究会 薬草園 雪解け