ケヤマハンノキ

2009年6月22日 (月)

第23回 北海道医療大学附属 薬草園を見る会

6月21日、恒例の薬草園を見る会を開催しました。今年は180名あまりのご参加をいただきました。今年の講演は堀田清でした。皆様最後まで熱心に聞いてくださりありがとうございました。2009_0621_0087

薬用植物園と北方系生態観察園の植物で内山翡翠さんが生けてくださった花です。毎年力作をありがとうございます。2009_0621_0083

講演会が終わった後、昼休みを挟んで、観察会です。雨が心配されたのですが、ときおり薄日もさしてまずまずのお天気でした。

この季節の薬用植物園はシャクヤクとサルビアの競演が見事です。2009_0621_0129

ところが北方系生態観察園の方は、春のお花は終わってしまい、夏のお花はまだあまり咲いていない状態で、緑が鬱蒼として、ちょっと観察会にはベストとは言いがたいタイミングです。森林浴気分にはもってこいなのですが・・・2009_0621_0100

散ったキハダの花が地面を地面を埋め尽くしていました。2009_0621_0103

オオハナウドはほとんど花が散って、種になっていました。
2009_0621_0106

ナニワズの実です。これから赤く熟します。2009_0621_0115

ヤマブドウの花です。地味ですが、咲いてます。2009_0621_0121

チシマアザミの花(左)はたくさん咲いていましたが・・・チシマアザミさんには悪いですが、あまり人気が無い花ですね・・・せっかく咲いていてもあまり目に留めてもらえません。
サラシナショウマ(右)はつぼみが出始めましたが、咲くのはずっと遅く、秋になってからです。
2009_0621_0120

これは谷に生えている森で一番大きなケヤマハンノキさんに巻きついているツルアジサイの花。2009_0621_0119

このケヤマハンノキさんは、きっと、橋を挟んで反対側に生えている大きなホオノキさん(下)と共に、この森の神様です。2009_0621_0118
ケヤマハンノキさん、ホオノキさん、その他全ての植物さんたち、今日は、たくさんの人に森の素晴らしさを分かち合ってくださってありがとうございました。

|

2009年5月 7日 (木)

森はどんどん移り変わっています

カタクリさんは終わってしまいましたが・・・2009_05070043

木々たちの芽吹きがいっせいに始まりました。
左はミズキ、右はミズナラの芽吹きです。P5070224
同じく、左はヤマブドウ、右はツルアジサイ。P5070272
逆光に透けるノリウツギの新葉。2009_05070029
左はホオノキ、右はツタウルシです。P5070307
左はケヤマハンノキ、右はシナノキです。P5070264
左はオヒョウ、右はナナカマド。P5070321
シラカバの新葉です。P5070241
サワシバの新葉と、つぼみです。P5070316
森の中にあるオオヤマザクラが満開でした。P5070296
オオカメノキもちょうど見ごろです。P5070242
これはアカイタヤ(左)とイタヤカエデ(右)の花です。高い枝に咲くので撮りにくいのですが、カメラのズームを最大にして何とか撮れました。P5070230
地面にたくさん花が落ちていました。これはマイヅルソウの葉っぱの上に落ちたもの。P5070294
こちらはハウチワカエデの新葉と花です。ハウチワカエデは目の高さで咲いてくれるので見やすいですよ。天使の羽みたいでしょう?P5070255
下に目線を落とすと、エンレイソウ(左)がこんなに大きく育っていました。クルマバツクバネソウ(右)も咲いていました。P5070282
オシダ(左)も盛大に爆発していました。ヒトリシズカ(右)も見ごろです。P5070289
ヒトリシズカを上からみると・・・P5070283
フッキソウ(左)とレンプクソウ(右)も開花。P5070309
ニリンソウは今が盛りです。よく見るといろいろ変わったニリンソウを見つけることが出来ます。花びらが9枚もあるものや、ミドリニリンソウ、ほんのりピンク色のものもあります。2009_05070039 P5070286
最後に、これから花が咲く植物さんたちのつぼみの紹介です。何だか分かりますか?
P5070276_2 P5070299
上段左からマイヅルソウ、クルマバソウ、ルイヨウボタン、オオアマドコロでした。

|

2008年4月 2日 (水)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その5~

 北海道医療大学・北方系生態観察園の植物たちの情報をお伝えします。今週月曜日の3月中旬ころの暖気が去って、先週から寒い日が続いているためか少し春の進み方が遅くなったようです。

 北方系生態観察園はこんなんです。

080331

 今日は池の方からご覧になって下さい。まだまだ氷がはっています。私は何を撮影しているかというと・・・これです。

08033101      08033102_3

 カメラのファインダーの中はケヤマハンノキの雄花が満開でした。上右の写真は開花直前に雄花全体が赤くなります。ちなみにぶら下がった雄花の上にちょこんと赤い小さな突起物は雌花です。

 谷へ下りてみました。

まだまだ雪が深いのですが・・・段々と水の流れがはっきり分かるようになってきました。

水の中にはエゾノリュウキンカの蕾が・・・少し暖かくなれば開花するのでしょうね。

08033101_4 080331_2

 東の尾根へ上ってみるとそこは色々な植物たちの芽出しが・・・

080331_3 080331_4

 上左はたぶんバイケイソウ、上右はエゾエンゴサクの芽出しです。

 さらには・・・漢方で言えば実証(心も体も熱いヤツ)タイプのエゾニワトコがこんなになってました。森中のエゾニワトコの中でここだけ突出した速さです。

08033101_5 08033102_4

 まだまだ芽出しはあります。

080331_5

 私の大好きなオオカメノキもなんだか動き始めているようです。

08033103 08033101_6

 クルマバソウも着実に育ってます。

08033101_7

 クルマバツクバネソウ&オオハナウドです。

今日は午後から晴れるとの天気予報です。森へ出かけてみようと思っています。

|

2008年3月28日 (金)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その4~

 昨日は雨。雨が上がったので、中一日おいての北方系生態観察園の情報をお伝えします。

 先ずは森の入り口でこんなものを見つけました。天然のエノキダケです。美味しそうですね(笑)。で、森の中へ入っていくと・・・カメラを持ったナイスなレディたちの集団が・・・

Img_3746s_2 08031802s

 私の写真展にも来てくださった方ばかりで、北方系生態観察園の常連さんでした。「どうしたのですか」と尋ねたら・・・「私が撮るような植物たちの芽出しを撮影しにきたけど見つからない!」とのことで・・・森の植物と撮影アングルをついついナビゲーションしてしまいました(笑)。

 カタクリで満開になる斜面はまだこんな状態です。

08031803

 雪解けは進んでいますが、まだまだですね。

08031804_2        08032805

 でも・・・エゾエンゴサク(左)やクルマバソウ(右)などが「待ってました」と顔をだしてます。皆さん、立ったまま見下ろすように見ているので、気がつかないのですね。しっかりしゃがんで見るように・・・お伝えしました。

 で、階段を登って東の尾根へお連れしました。

 東の尾根は日がよくあたるので、雪解けが早い!こんな感じです。

08032810

 そして・・・皆さんにウサギくんを紹介しました。「ワーかわいい!」とナイスレディたちの歓声が上がりました(笑)。

08032807 08032808 08032809

 で、地面をよーっく見ましょうね。と、私のカメラのファインダーを覗いていただきました。

08032806 08032811 08032816

 こんなのをお見せしました。「ウヒャー」、「ウホホーイ」と私は聞こえたのです。皆さんすばらしい歓声で・・・ステキな感性をお持ちのようです(笑)。

 森で一番大きくて、一番最初に花咲かせて、一番最初に種をつけるエゾエンゴサクくんの勢いはすごい!出足は遅くても、他のエゾエンゴサクくんをどんどん追い越していきそう!

08032812 08032813 08032814

 3つの株が競い合って大きくなろうとしています。

08032815 08032819 08032820

 左からナニワズ、エゾニュウ、クルマバツクバネソウ二日前よりもはるかに成長していました。

08032817_2 0803288

 いいんですかねえ。もうニリンソウも動き始めています。花芽(右)もったニリンソウも・・・

 こんなことってここ10年間で初めてのことです。

08032821_2 08032822

 さらに奥に進むとこんな光景が・・・きっと鳥さんですね。キツツキの仲間でしょうか?働きものの鳥さんがいるようです。こんな働きものの鳥さんの名前をご存知の方がいらっしゃったら教えてくださいな。私は鳥さんの名前はからっきしなんです(笑)。

 谷の方へ降りて行きます。道の傍らには・・・なんと・・・フデリンドウが元気にしてました。

08032823 08032824

 谷へ降りながら、右手の写真も撮ってみました。

 まだまだこんな状態なんです・・・・が・・・

08032824_2

 一見、何もいないように見えるのですが・・・

08032825 08032826 08032827

 元気モノのエゾノリュウキンカくんが水の中で蕾をつけてました。

 池もまだまだ氷がはってます。

08032830

 でも上の写真の左側にある大きなケヤマハンノキには・・・・

08032828 08032829

 カメラのファインダーの中は・・・お花見状態です。

 明日は土曜日ですが・・・朝7時から森へ入るつもりです。

ひょっとして、来週中盤にはエゾエンゴサクの一番花を見ることができるかもしれません。

|

2008年3月21日 (金)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その1~

 今年から薬用植物園、北方系生態観察園の植物たちの状況はこのブログを使ってお伝えしようと思っています。よろしくお願いします。

 で、今日はブログ初日。先ずは薬草園と北方系生態観察園の状況をご覧下さい。

08032101_2

まだまだ雪で覆われています。薬草園内に最初元気よく出てくる植物はオウレンですが・・・もう少し先になります。

 で、先ずは悲しい写真を一枚。

08032102

あの~・・・このブログにアクセスする人の中には絶対いないと思いますが・・・こんなことするとタラノ木が死んじゃいますからね。タラノ木の先っぽは大切にしましょう!

 で、森の中に入る前にこんな植物がいました。

08032103

 タチヤナギくんです。これは・・・朝日で逆光で見ると・・・木登りペンギンって感じに見えるんですよ。

今日は午後からだったので、赤黒ペンギンってかんじです。

 で、森の中へ入ってみると・・・

08032104

 こんな感じです。まだまだ冬・・・なんですけど・・・

08032106

 写真右手は山頂から見たところです。来月の今頃は・・・エゾエンゴサクくんがいっぱい!斜面が青い色に染まります。

08032111

 山頂の東側斜面はもう雪が溶けて・・・私はいったい何を撮影していると思いますか?

フィルム写真は後日お見せしますが、こんなのがもう地面から顔を出していました。

08032109_2 08032108 08032110

 左から、エゾエンゴサクくん、オオハナウドくん、コンロンソウくんです。こなると・・・もう毎日毎日どんどん大きくなっていきます。なんたって、成長点ですから!

ナニワズくんももうすぐ開花です。

08032107

 来週早々は楽しみです。と思いながら森の奥へと・・・さらに谷へ降りてみました。ひょっとしてエゾノリュウキンカくんの蕾などがあるかしら・・・などと思ったのですが・・・

08032112

 ここはいつも一番最初に雪が無くなるところで、水の中にエゾノリュウキンカくんがいるのですが・・・ちょっと早かったみたいですね。でも・・・思わず残雪の上に腰をおろしてしまいました。春のにおい、音が・・・ね!

08032113

 これは谷から西側の急な階段を登ったところにいるヤマネコヤナギです。もうすぐ開花ですね。もう少しです。

 池もまだまだこんな状態でした。

08032116_2

 池のそばにあるケヤマハンノキくんの枝にはもう雄花と雌花(右側)が咲きかけていました。

08032114 08032115

 まだまだ冬のように見えますが・・・春は急速に、加速度的にやってきます。3月末にはきっと○○○○の一番花が見られるかも・・・です。

|

その他のカテゴリー

アオチドリ アカイタヤ アキタブキ アケビ アズキナシ アミガサユリ イカリソウ イケマ イタヤカエデ イチヤクソウ イヌエンジュ イベント情報 ウリノキ エゾアジサイ エゾエンゴサク エゾニュウ エゾニワトコ エゾノリュウキンカ エゾヘビイチゴ エゾムラサキツツジ エゾユズリハ エンコウソウ エンレイソウ オウレン オオアマドコロ オオイタドリ オオウバユリ オオカメノキ オオダイコンソウ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオバボダイジュ オオヤマザクラ オククルマムグラ オシダ オニグルミ オニシモツケ オニノヤガラ オヒョウ カタクリ カラスビシャク カラマツ キツリフネ キハダ キバナノイカリソウ キリ ギョウジャニンニク クリンソウ クルマバソウ クルマバツクバネソウ クルマユリ クワ ケヤマハンノキ ゲンチアナ コシアブラ コマユミ コンロンソウ サラシナショウマ サルナシ サワシバ ザゼンソウ シウリザクラ シナノキ ショウジョウバカマ シラカバ ジギタリス スイレン スハマソウ スミレ セイヨウサクラソウ タチヤナギ タツタソウ タニギキョウ チシマアザミ ツクバネソウ ツタウルシ ツリバナ ツルアジサイ ツルシキミ ツルニンジン ツルリンドウ トチノキ トチバニンジン トモエソウ ナナカマド ナニワズ ニセアカシア ニリンソウ ネコノメソウ ネジバナ ノビネチドリ ノリウツギ ハイイヌガヤ ハウチワカエデ ハクウンボク ハリギリ バイカイカリソウ バイケイソウ ヒスイカズラ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメヘビイチゴ フクジュソウ フッキソウ フデリンドウ ベニバナイチヤクソウ ホウチャクソウ ホオノキ ホザキイカリソウ ボケ ボタン マイヅルソウ マタタビ マムシグサ ミズキ ミズナラ ミズバショウ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミヤマスミレ ムラサキシキブ モクレン ヤブニンジン ヤマウルシ ヤマゴボウ ヤマネコヤナギ ヤマブドウ ユウシュンラン ユキザサ ヨツバヒヨドリ ヨブスマソウ ルイヨウショウマ ルイヨウボタン レンプクソウ 北方系生態観察園 温室 漢方・薬用植物研究会 薬草園 雪解け