サワシバ

2009年10月23日 (金)

黄色い森へようこそ!

薬用植物園の方はもう、ほとんど店じまいの様相です。Pa230096

ナツツバキが見事に紅葉していました。
Pa230097

Pa230098ナツツバキの実です。

ニシキギも真っ赤です。Pa230099

Pa230100ニシキギの実です。

階段を登って北方系生態観察園に入ると、ムラサキシキブの実がお出迎えです。
Pa230103

Pa230108落ち葉の中から生えていたミズナラの実生。こういうのを見るとなんだかうれしくなります。

森の中は黄色く染まっていました。Pa230111これはサワシバです。

Pa230114サワシバくんは冬芽を準備したばかりでした。まだ緑色をしています。これから灰色っぽい茶色になるはずです。

Pa230119これはアズキナシ。

Pa230214こちらのアズキナシくんは、実をつけていました。と言うことは、花が咲いていたのね。見逃しました。残念。

黄色くなるのは木々の葉っぱだけじゃありません。地面に生えている草本の類もキレイに黄葉になっているものがあります。これはトチバニンジンです。
Pa230110

Pa230131Pa230113ナニワズとフッキソウは今の時期に花芽をつけ、来春咲きます。

Pa230155フデリンドウくんも来年の準備完了しています。

 

Pa230134コモチミミコウモリ。ちょっと不気味な花です。名前の由来のむかごがついています。

 

Pa230124ルイヨウショウマの実。たわわです。

Pa230137ミヤマガマズミの実。熟れきった赤。

 

Pa230144 マムシグサ(左)と、種が全部飛んで行った後のオオウバユリの実。

Pa230145 地面に落ちたヤマブドウの実。

Pa230151 ルイヨウボタンの実(左)とツルリンドウの実。

Pa230156エゾユズリハの実。

Pa230160コケの上に落ちたナナカマドの実。

Pa230161 ツルシキミの実。 

Pa230135 紅葉真っ盛りです。

Pa230172

Pa230153 赤・黄・茶色の森の中でひときわ目立つ白い葉っぱはコシアブラです。気品のあるたたずまいです。

Pa230181

Pa230189 コマユミの葉です。薄い赤もきれいです。

Pa230202 ツタウルシもこの時期きれいです。

Pa230212 カラマツの葉も黄色くなっていました。普通は落葉しないマツですが、カラマツは落葉松と書くことから分かるように落葉します。そして、春に素晴らしい芽出しを見せてくれるのです。

0254201 0255030 0255036 以上3枚は堀田清の作品でした。

Pa230221これはめずらしいミズナラの紅葉。きれいに赤く色づいていました。ミズナラはたいてい下のような色になるだけで、あまり赤くなったりしないように思うのですが・・・こういうのを見つけるとうれしくなりますね。

Pa230220 これが普通のミズナラ。これもきれいですが・・・

Pa230195 これはミズナラの冬芽です。かっこいいです。

最後はみんな大好きなオオカメノキさんの冬芽でしめましょう。

Pa230186

ウサギさんとカニさんでした。

 

|

2009年6月25日 (木)

カタクリさんの種をアリさんが運んでいた日

今日は本当に久しぶりに快晴です。気温も高く、一気に夏がやってきました。
まずは薬草園の植物から行きます。

ゲンチアナの花です。2009_06250002

ジギタリスの花です。2009_06250003

カノコソウの花です。2009_06250005

セルピルムソウです。2009_06250006

オタネニンジンの実です。これから赤くなります。2009_06250007

ヤエハマナシの花です。2009_06250008

ハスカップの実です。2009_06250011

ホオノキの花です。2009_06250010 2009_06250012

北方系生態観察園に入ります。
ニセアカシアの花が風が吹くたびに散って花吹雪でした。地面に落ちている白いものが散った花です。2009_06250136

暗い林床にもきらりと光るものがあります。オククルマムグラの実です。2009_06250024

カタクリさんの種をアリさんが運んでいる現場に出会えました!毎年、気づくと右の写真のように空っぽになっているのですが、貴重なシーンに出会えました。2009_06250021

トチバニンジンの花が開花し始めました。2009_06250033

オオウバユリのつぼみ、ちょっと芸術的な写真が撮れました。2009_06250034

ルイヨウボタンの実、これから七色に変化しながら熟していきます。追いかけていく予定です。2009_06250035

オニノヤガラの花です。2009_06250055

木シリーズへ行きます。
サルナシの花が開花しました。まだ数輪だけですが。今年はとてもたくさんつぼみが付いています。全部咲いたら見事でしょうね。
2009_06250025

桑の実です。
2009_06250028

キハダの花です。2009_06250030

ツタウルシの花は終わって、実がふくらんでいました。2009_06250027

ヤマウルシの花は満開でした。2009_06250046 2009_06250049

ノリウツギのつぼみです。この花も大好きです。楽しみですね。2009_06250054

上を見上げると、木漏れ日が本当に美しい。
サワシバの葉っぱです。
2009_06250038

ミズナラの葉っぱです。クモの糸が光っています。
2009_06250041

|

2009年5月20日 (水)

春の森・第二ステージ ~その2~

4月ほど、森の植物たちの変化のスピードは急ではないとはいえ、5月に入って植物の種類の数が、爆発的に増えつつあります。というわけで今日も観察に出かけました。

エゾニワトコ(左)とミズキ(右)のつぼみです。P5200003

池のほとりにクリンソウの一番花(左)が咲いていました。右はエゾノリュウキンカに似ていますが、エンコウソウという植物です。P5200008

サワシバの雌花(左)と雄花(右)です。P5200010

ノビネチドリが開花しました。光を浴びたのとそうでないのとではぜんぜん違って見えますね。P5200014

サルナシの新葉です。赤と緑のコントラストと、葉柄の産毛が光っているのが素晴らしいですね。P5200015

エゾヘビイチゴです。実は食べられますが、北海道ではエキノコックスの心配があるので、生で食べるのは控えましょう。P5200018

イヌエンジュの新葉です。他の木々たちよりだいぶ遅れて展開し始めるこの新葉は銀色の何ともいえない神秘的な色合いです。P5200023

ホオノキの新葉が開き始めて、赤い新芽を包んでいたピンク色の鞘と新葉の若緑色の組み合わせが素晴らしいです。花よりもきれいかも知れないと思います。P5200024 P5200030

これはエゾユズリハの新葉です。新しい葉が出てから古い葉が落ちるので「譲り葉」という名前が付いたそうです。P5200045

これは何だか分かりますか?P5200029 P5200031 エゾノリュウキンカの種です。花は終わってしまいましたが、最後まで見てあげてくださいね。

こちらはヒメイチゲの種です。P5200042

春の森第二ステージは白くて小さい地味な花が多いです。華やかさには欠けますが、探して見つける喜びがあります。P5200035 P5200044 P5200049上段左からクルマバソウ、マイヅルソウ、ツルシキミ、ルイヨウショウマ、ユウシュンラン、コンロンソウでした。

オオハナウドのつぼみ、大きな鞘から顔を出しました。P5200067

シウリザクラのつぼみもたくさんついています。今年は枝が成長して重みで垂れ下がり、目の前で咲いてくれそうです。楽しみです。P5200071

黒実と青実のエンレイソウです。ほかに赤実もあります。P5200065

エゾハルゼミの抜け殻と本体。この時期たくさん抜け殻を見つけることができます。P5200070

最後に、P5200072
オシダの真ん中に生えたクルマバソウさん。何か面白かったので思わず撮ってしまいました。こういう楽しい発見がたくさんある北方系生態観察園にぜひお越し下さい。

|

2009年5月15日 (金)

春の森は第二ステージの始まりです

今朝も朝早く北方系生態観察園に出かけました。2009_05150079現在工事の関係で、薬草園には入れません。北方系生態観察園にはこちらの階段を上っていくルートで入っていただくことになっています。階段の前に赤いポストがあります。このポストの中に来園者の記名ノートと、パンフレットが入っています。来園者の方は必ずこの記名ノートにお名前をご記入ください。

水辺の径から北方系生態観察園に入っていきます。2009_05150080
2009_05150082ため池の周りはもうこんなに緑がこんもりしています。
池にはミツガシワが花盛りです。2009_05150085
ゼンマイ(左)とタチツボスミレ(右)です。2009_05150091
ニリンソウは終盤です。中心に種が出来ていますよ。2009_05150094
カタクリさんは種になってしまいました。カタクリさんの後にはクルマバソウさんたくさん伸びてきています。2009_05150154
エゾノリュウキンカさんも終わってしまいました。また来年会えるのを楽しみにしましょう。2009_05150102 後にはオオハナウドやヨブスマソウなど背の高い植物がどんどんエゾノリュウキンカの背丈を追い越して伸びています。アキタブキのトウもひときわ高く立っていました(左)。エゾノリュウキンカの足元を見るとニリンソウも咲いていました(右)。2009_05150103
ベニバナイチヤクソウ(左)、ノビネチドリ(右)はもうつぼみを持っています。2009_05150099
オオバナノエンレイソウ(左)、マムシグサ(右)が咲いていました。2009_05150107
ルイヨウボタンも開花です!この花も花期が短いですから、お見逃しなく。2009_05150124
アカミノエンレイソウ(左)、キバナノイカリソウ(右)です。2009_05150134 エンレイソウには赤実、黒味、緑実の三種類があるんですよ。キバナノイカリソウは、もともとこの山にはなかったのですが、この近辺には普通に生えている植物だということで、植えられました。このように後から植えられた植物が、北方系生態観察園内には何種類かあります。

つぼみをつけている植物たちをご紹介します。2009_05150130 2009_05150127 上段左からツクバネソウ、ユキザサ、トチバニンジン、オオハナウドです。

ここからは、木々たちの様子をご紹介しましょう。2009_05150105
ホオノキの新葉です。2009_05150096
サワシバの新葉です。2009_05150108
オオカメノキ(左)、ハウチワカエデの新葉です。2009_05150116
オヒョウの新葉です。2009_05150139
左はイタヤカエデの花、右は見にくいかも知れませんが、シウリザクラのつぼみです。2009_05150081
タラの芽です。採らないで下さいね(笑)。2009_05150159
最後に展望台から撮影した大学と石狩平野の眺めです。2009_05150150 2009_05150151 田んぼに水が入りました。今や日本一美味しい北海道のお米づくりの始まりです。

|

2009年5月 7日 (木)

森はどんどん移り変わっています

カタクリさんは終わってしまいましたが・・・2009_05070043

木々たちの芽吹きがいっせいに始まりました。
左はミズキ、右はミズナラの芽吹きです。P5070224
同じく、左はヤマブドウ、右はツルアジサイ。P5070272
逆光に透けるノリウツギの新葉。2009_05070029
左はホオノキ、右はツタウルシです。P5070307
左はケヤマハンノキ、右はシナノキです。P5070264
左はオヒョウ、右はナナカマド。P5070321
シラカバの新葉です。P5070241
サワシバの新葉と、つぼみです。P5070316
森の中にあるオオヤマザクラが満開でした。P5070296
オオカメノキもちょうど見ごろです。P5070242
これはアカイタヤ(左)とイタヤカエデ(右)の花です。高い枝に咲くので撮りにくいのですが、カメラのズームを最大にして何とか撮れました。P5070230
地面にたくさん花が落ちていました。これはマイヅルソウの葉っぱの上に落ちたもの。P5070294
こちらはハウチワカエデの新葉と花です。ハウチワカエデは目の高さで咲いてくれるので見やすいですよ。天使の羽みたいでしょう?P5070255
下に目線を落とすと、エンレイソウ(左)がこんなに大きく育っていました。クルマバツクバネソウ(右)も咲いていました。P5070282
オシダ(左)も盛大に爆発していました。ヒトリシズカ(右)も見ごろです。P5070289
ヒトリシズカを上からみると・・・P5070283
フッキソウ(左)とレンプクソウ(右)も開花。P5070309
ニリンソウは今が盛りです。よく見るといろいろ変わったニリンソウを見つけることが出来ます。花びらが9枚もあるものや、ミドリニリンソウ、ほんのりピンク色のものもあります。2009_05070039 P5070286
最後に、これから花が咲く植物さんたちのつぼみの紹介です。何だか分かりますか?
P5070276_2 P5070299
上段左からマイヅルソウ、クルマバソウ、ルイヨウボタン、オオアマドコロでした。

|

2009年4月 1日 (水)

春一番の花、スハマソウが咲きました

毎年、薬用植物園、北方系生態観察園で春一番初めに咲く花、スハマソウが咲きました!2009_04010063

今日の北方系生態観察園の雪解け状況はこんな感じです。だいぶ雪が締まって歩きやすくなってきましたが、5歩から10歩に一回はズボッと埋まります。まだ危ないので開園はもう少し待ってくださいね。2009_04010066
サワシバくんのふくらんだ冬芽が輝いていました。2009_04010073
エゾエンゴサクくんの芽も次々に出現しています。これは左右対称の姿が面白かったので撮りました。2009_04010082

山で一番良く日が当たるところに、ギョウジャニンニクくんとクルマバソウさんの芽が元気よく出ていました。2009_04010077
左がクルマバツクバネソウ、右がオオハナウドです。オオハナウドさんは白く輝くうぶ毛でみっしり覆われているのですぐ分かりますよ。2009_04010084
左がコンロンソウ、右がフデリンドウです。2009_04010088 フデリンドウは昨年ばら撒かれた種がすぐ発芽して、秋までにこの姿まで生長するそうです。多年草じゃなかったんですね。梅沢俊先生の朝日新聞の連載で知りました。だからこのフデリンドウだけは新しい芽出しではなく去年の秋出た葉っぱです。3ヶ月以上も雪の下に埋まっていて今顔を出したのです。

|

2008年10月17日 (金)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その22 秋です~

今日の北方系生態観察園は、ひんやりと涼しいさわやかな空気で満ちていました。

Pa170421

入口にあるムラサキシキブの実が色づいていました。

Pa170427

ツルリンドウの実です。花は9月1日の記事をご覧下さい。

Pa170445

マタタビの実です。

Pa170443

マタタビの実を撮影する私。買ったばかりの新しいカメラで試し撮りです。うまく撮れているかな?現像から上がってくるまでドキドキするのがフィルムカメラの素敵な魅力です。

Pa170432

落ち葉の中にひっそりと、イチヤクソウの花が咲いていました。

Pa170424

ハウチワカエデの紅葉もきれいでした。

Pa170425

オオカメノキも、もうウサギさんが準備しています。

ここから、葉っぱシリーズで行きます。

Pa170441

これはミズナラの葉っぱ。ふちの波々が特徴的です。

よく見ると、左右に伸びている葉脈がほぼ直線で平行になっています。

Pa170439

こちらはサワシバです。これも葉脈が直線で平行になっています。

Pa170440

こちらはアズキナシ。これも同じく葉脈が直線で平行です。サワシバとアズキナシの葉っぱはちょっと似ていますが、サワシバの葉っぱは長いですね。アズキナシは長さと幅があまり違わなくて、先っぽがきゅっと細くなってとがっているのがポイントです。

アズキナシは樹皮にも特徴があります。

Pa170437

左がアズキナシの幹です。でこぼこが少なくて、白いまだら模様があります。

右はハリギリの幹です。深い凹凸があります。

Pa170430

これがハリギリの木です。大きな手のひら型の葉っぱですぐ分かります。

この葉っぱは大きいので、風を受けるとくるくる回って面白いってことを今日発見しました。

葉っぱシリーズはこれでおしまいです。

Pa170451

オオウバユリの実と種です。一株からものすごくたくさんの種がばら撒かれます。

この種はとても軽くて翼が着いているので、2メートルの高さからばら撒かれるとかなり遠くまで飛んでいくでしょうね。10年も地道に力を蓄えて、ようやく花を咲かせて、盛大な花吹雪ならぬ種吹雪で枯れて行くのです。ドラマチックな植物です。大好きです。

Pa170448

最後にまたキノコです。調べてみたら、オオチリメンタケというのが似ている感じでしたが、どうなんでしょう?たぶん、オオチリメンタケってことにしておきます。

 

|

2008年5月16日 (金)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その15 初夏の様相~

 5月16日の植物たちの様子をお届けします。北方系生態観察園の植物たちばかりではなく、薬用植物園の植物(薬草)たちも動き始めてきました。森の中は完全に春は終了です。虫たちも飛び始めて、虫嫌いの人にとっては入りにくい森になってきました。

 いつものようにダイジェストでお届けします。

 先ずは薬用植物園の植物たちから・・・

080516

 セイヨウサクラソウです。満開です。

08051602  08051604

 アミガサユリとボタン(蕾)です。もうすぐすばらしい花を咲かせますよ。

08051607

 イカリソウです。満開!

 そして・・・北海道にも自生しています・・・

08051608

 キバナノイカリソウです。

 薬用植物園には4種類のイカリソウがいます。あと2種類。

08051605  08051606

 イカリソウやキバナノイカリソウとは似て非なるものですね。ホザキイカリソウ(穂先碇草、上左)とバイカイカリソウ(梅花碇草、上右)です。

 そして・・・

08051608_2

 ボケの花が満開!

 薬用植物園の撮影を終え、北方系生態観察園の森の中へ・・・

08051609

 広葉樹の葉っぱが生茂り始め、林床がだんだん暗くなってきています。

 写真右側は春先にカタクリやエゾエンゴサクたちでいっぱいだった場所です・・・

 上の写真の右側はどうなっているかというと・・・

08051611

 ニリンソウはまだいますが・・・もうほとんど終盤です。

08051610

 クロミノエンレイソウもすでに春先の鮮やかさはありません。

 カタクリたちはどうなっているかというと・・・こうです!

08051611a

 すでに実になって、日ごとに実が膨らんでいます。今年もたくさん実をつけました。この袋の中に入っている種はこの山に住む蟻たちが運んでくれるんですよ!蟻たちが運ぶところをぜひ見に来てください。

 この土手は今、こんなふうになっています。

08051612

 クルマバソウたちで覆われ始めました。

08051613

 蕾もぷっくり・・・もうすぐ開花です。

 林床にはクリーム色の目立たない花をつける植物たちが増えてきました。足早に歩かず、しゃがんで見てあげて下さい。

先ずは・・・

08051615

 ホウチャクソウです。

 たまに白い花も発見!

08051614

 ルイヨウショウマです。そしてこんなのも・・・

08051616

 コンロンソウの開花したて!一番花です。

今度は・・・

08051617

 クルマバツクバネソウです。絶好調ですね。

 そして・・・ツクバネソウが開花しました。運が良ければ、こんな場面にも・・・08051618

 さらに・・・

08051620

 マムシグサも開花!

08051619

 オオアマドコロも来ました。

 谷へ入ると、ネコノメソウが満開!

08051621

 さらに・・・これは何と言うスミレ?タチツボスミレでしょうか?

08051622

 春先、谷一面黄色に染めたエゾノリュウキンカは今・・・・こうです。

08051623

 花びらはすでに無く、実の状態です。完熟すると・・・種がはじけます。

 この谷にはスギナもいます。庭では悪者でも、朝早く行くと、こんな姿を目にすることもできます(下左)。そして谷を越えると・・・大きなノビネチドリが開花してました。

08051624  08051624_2 08051624a

 ノビネチドリの傍にはベニバナイチヤクソウがもうすぐ開花です。

 さらに池の周辺にはミツガシワが満開でした。

08051625

 いよいよ森の中は初夏の様相です。

 ところで皆さん、森の木々たちの葉っぱをちゃんとご覧になったことはありますか?実は広葉樹の葉は森の虫たちの餌になるので、虫食いの無いキレイな葉っぱでいる期間というのは大変短いのです。木々たちの葉をご覧になるときには、太陽の光に透かすととても爽やか緑色の光が身体中に降り注いできます。ぜひ試してみてください!

 今日は、木々たちの葉っぱの様子もお届けします。

 先ずは・・・

08051626

 葉脈が対称形で、とても整った葉です。サワシバです。

 お次は・・

08051628

 シウリザクラです。シウリザクラはもう花芽をつけていました。とてもキレイな花です。ぜひ見に来てください。

08051627

 シツリザクラの花芽です。

 そして・・・

08051629

 サルナシ(コクワ)の若葉。

 さらに、オオバボダイジュの葉もまた良しでです。

08051630

 こんなのはどうでしょう?

08051631

 ホオノキの若葉です。もっともっと大きくなりますよ。

 次は・・・

08051632

 花も満開でした。

08051633

 そうです。エゾニワトコです。夏に向かって真っ赤な実をつけますよ!

 今度は・・・私の天敵です。かぶれると大変!

08051634

 ツタウルシ。

 さらに・・・紅葉の時期にはとてもステキな赤色になります。

08051635

 ハウチワカエデ。

 同じカエデでも紅葉のときには鮮やかな黄色です。

08051636

 イタヤカエデ。

 まだまだ続きます。今度は・・・私の大好きな・・・

08051637

 オオカメノキですね。なんかかっこ良いです。

 さらに・・・森の中に一本しかありません。札幌市の桑園駅から南に向かって歩くと、この木が街路樹になっている通りもあります。花はとってもきれいですよ。

08051638

 ハクウンボク。

 さらに・・・ウドやタラノキと同じウコギ科で、この2つよりも美味しいと言う人もいます。

08051639

 こんなすばらしい葉5枚が揃っているのもあと3日くらいでしょうか?

 人間の身体に良いものは虫たちにだって良いに決まってます。コシアブラです。

 最後は、北海道の縁起木の1つで、私の子供のころには、お正月になるとこの木の枝に繭玉を飾り、神棚に供えたものです。

08051640

 ミズキの若葉です。

 皆さん森の中にはいつも感動があります。皆さんはいくつ見つけられるでしょうね?

|

2008年5月 2日 (金)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その13 春は去って行きつつあります!~

 先週末、今週初めとイベントや出張がありまして、8日ぶりのブログ更新になってしまいました。8日・・・。春はあっと言う間に去って行きそうです。今年の春は何か変です。

 先ずは・・・北方系生態観察園の入り口手前にいるサクラが開花しました。

08050202 08050201 08050203

 サクラの花もこの陽気だと週明けには枯れちゃっているかもしれません。

 北方系生態観察園入り口のシラカバの花も満開です。

080502

 下にぶら下がっているのが雄花。上を向いている小さな花が雌花です。

 今日は木の花から入りましたので、北方系生態観察園内の樹木たちの様子をダイジェストでご覧下さい。

 先ずはこれから・・・

080502_2

 サワシバの若葉です。

 次は・・・

080502_3

 縁起木の一つミズキの若葉。

 そして・・・今週末がお花見には最高ですよ!

080502_4

 ハウツワカエデの花が満開です。

 300 mmの望遠マクロレンズで撮ってみると・・・

08050201_3 08050202_2

 葉っぱの形良し、赤い花も良し!

 オオカメノキの花たちも満開です。

080502_7

 で、先週見ごろのピークだったカタクリたちはどうなっているかというと・・・

08050202_3 08050201_4 08050203_2

 今年のお花はもう終わり!また来年まで・・・ということに・・・

 で、一番元気なカタクリたちがたくさんいて、絶好の撮影ポイントだった場所はどうなっているかというと・・・こうです。

08050201_5

 カタクリ、エゾエンゴサクはもう終わり、その代わりに今はニリンソウの白い花が旬をむかえています。

 他の場所もこうです。

08050202_4

 ニリンソウだって色々なのがいるんですよ。

先ずは・・・

08050203_3 08050204

 ちょっと品が良くないけれど・・・ミドリニリンソウです。

 こんなのは見たことがありますか?

08050205 08050206 08050207

 花びらがピンクのニリンソウなんですよ。

 ちょっと森の奥を覗いてみると・・・

080502_5

 まだエゾエンゴサクが満開の場所もあるんです。

 谷のエゾノリュウキンカはこうです。

080502jpg

 これも満開。あと一ヶ月もするとこの場所は木々たちの葉っぱで暗い場所になんですよ。

 東の尾根へ出てみるとこんなのが満開でした。

080502_6

 それから、これから見ごろになる植物たちの様子です。

 先ずはオオアマドコロです。

080502_8

 アズキナの名でよく知られているユキザサももう少しで開花です。

080502_9

 淡い緑色の花を咲かせるこの植物も、もう蕾です。

080502_11

 ルイヨウボタン。漢字名は類葉牡丹です。葉っぱの形が牡丹の葉に似ていることからついた名です。その花の生命はわずか3日ほど。お見逃しなく!

 この植物の花も地味ですが・・・

080502_12

 車葉衝羽草(クルマバツクバネソウ)。この植物は秋まで楽しませてくれます。

 車葉といえば・・・

080502_13

 元祖クルマバソウ。園内に相当広がりました。もうすぐ開花です。

 そして・・・もう実をつけている植物もいます。

08050203_4

 クロミノエンレイソウです。

 そして・・・

08050201_6

 アカミノエンレイソウ。

 さらに園内にはアオミノエンレイソウもいるんですよ。

08050202_5

 違いがお分かりですか?

 今年の春は少し変!春は猛ダッシュで去っていこうとしています。発陳のエネルギーはもう残り少ないです。もらっていない方はぜひお早めにお越しください。

|

その他のカテゴリー

アオチドリ アカイタヤ アキタブキ アケビ アズキナシ アミガサユリ イカリソウ イケマ イタヤカエデ イチヤクソウ イヌエンジュ イベント情報 ウリノキ エゾアジサイ エゾエンゴサク エゾニュウ エゾニワトコ エゾノリュウキンカ エゾヘビイチゴ エゾムラサキツツジ エゾユズリハ エンコウソウ エンレイソウ オウレン オオアマドコロ オオイタドリ オオウバユリ オオカメノキ オオダイコンソウ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオバボダイジュ オオヤマザクラ オククルマムグラ オシダ オニグルミ オニシモツケ オニノヤガラ オヒョウ カタクリ カラスビシャク カラマツ キツリフネ キハダ キバナノイカリソウ キリ ギョウジャニンニク クリンソウ クルマバソウ クルマバツクバネソウ クルマユリ クワ ケヤマハンノキ ゲンチアナ コシアブラ コマユミ コンロンソウ サラシナショウマ サルナシ サワシバ ザゼンソウ シウリザクラ シナノキ ショウジョウバカマ シラカバ ジギタリス スイレン スハマソウ スミレ セイヨウサクラソウ タチヤナギ タツタソウ タニギキョウ チシマアザミ ツクバネソウ ツタウルシ ツリバナ ツルアジサイ ツルシキミ ツルニンジン ツルリンドウ トチノキ トチバニンジン トモエソウ ナナカマド ナニワズ ニセアカシア ニリンソウ ネコノメソウ ネジバナ ノビネチドリ ノリウツギ ハイイヌガヤ ハウチワカエデ ハクウンボク ハリギリ バイカイカリソウ バイケイソウ ヒスイカズラ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメヘビイチゴ フクジュソウ フッキソウ フデリンドウ ベニバナイチヤクソウ ホウチャクソウ ホオノキ ホザキイカリソウ ボケ ボタン マイヅルソウ マタタビ マムシグサ ミズキ ミズナラ ミズバショウ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミヤマスミレ ムラサキシキブ モクレン ヤブニンジン ヤマウルシ ヤマゴボウ ヤマネコヤナギ ヤマブドウ ユウシュンラン ユキザサ ヨツバヒヨドリ ヨブスマソウ ルイヨウショウマ ルイヨウボタン レンプクソウ 北方系生態観察園 温室 漢方・薬用植物研究会 薬草園 雪解け