バイケイソウ

2009年4月14日 (火)

カタクリさんが咲きそうです!

ペンギンさんのように見えて楽しませてくれたタチヤナギさんでしたが、とうとうみんな殻が脱げてしまいました。2009_04140079
と思ったら・・・
2009_04140081 一匹だけしぶとく残っていたペンギンさん。

こちらはヤマネコヤナギなんですが・・・2009_04140073 お猿さんに見えませんか?

2009_04140002 左は薬草園のフクジュソウ。右はピンクのスハマソウです。

昨日も今日も気温が高かったので、植物たちもめきめき生長しているだろうなと思いながら山の中へ。
2009_04140027 オオカメノキさんのつぼみがふくらんで来ました。

2009_04140010 エンレイソウさんがもう咲きそうです!

2009_04140008 エゾエンゴサクくんにはさっそくマルハナバチさんが来ていました。
2009_04140018 2009_04140040 ピンクのエゾエンゴサクさんも開花です。

そして・・・
2009_04140017 ついに花びらが開きかけたカタクリさんを発見!

カタクリさんって、
2009_04140009 2009_04140011 はじめつぼみと葉っぱが上向きに伸びて、それから首を下に垂れてから咲くのですね。
エンレイソウさんも同じですが、エンレイソウは下を向いて咲いてからさらに上を向きますよね。

ナニワズくんも満開です。
2009_04140029 2009_04140022

フッキソウさんはまだつぼみです。
2009_04140036

ちょっと似ているつながりで、ハイイヌガヤの花です。こちらはこれで一応咲いているのかな?
2009_04140035

4月10日に紹介したヨブスマソウくん(左)はこんなに伸びていました。右はヨモギの芽出しです。
2009_04140025

同じく4月7日に紹介したコンロンソウさん(左)はこんなに葉っぱを広げていました。右は絡み合うクルマバツクバネソウ。2009_04140030

左は葉っぱが4枚のツクバネソウ、右はクルマバツクバネソウです。2009_04140032

4月12日に紹介したルイヨウボタン(左)は頭の先っぽを出していました(右)。2009_04140051 さらに顔も出した株がありました(左)。右はルイヨウボタンのまだ幼い株です。
2009_04140050

4月8日に紹介したバイケイソウはもうこんなに大きくなっています。2009_04140023

同じく4月7日のエゾニュウはこんなになっています。2009_04140042

これはオオウバユリの芽出し。横に2本突き立っている白いものは去年の開花株の残骸です。今年も立派な花を咲かせてくれるかな?
まわりにたくさん生えている緑色の草はギョウジャニンニクの赤ちゃんマイヅルソウの芽出しです。
2009_04140045

これは立派な大人のギョウジャニンニク。ギョウジャニンニクもカタクリやオオウバユリやエンレイソウと同じく、種が発芽してから開花するまでに10年近くかかるのです。2009_04140046

これはオオアマドコロの芽出しです。他にはない真っ赤な色がポイント。2009_04140052

ヒメイチゲ(左)も咲きました。右はアズマイチゲ。アズマイチゲはもともとこの山には無かったので、これは植えたものです。2009_04140054

これはショウジョウバカマのつぼみ。 2009_041400742009_04140058

谷はこんな様子です。これからエゾノリュウキンカがもっといっぱい出てきて谷はまっ黄色になります。
2009_04140076

4月12日にも撮影したエゾノリュウキンカ。2009_04140066 2009_04140064

ザゼンソウとミズバショウも出ています。2009_04140061 2009_04140069

フキノトウの雄株(左)と雌株(右)です。2009_04140077

|

2009年4月 8日 (水)

カタクリさんのつぼみが出ました!

カタクリさんの一番つぼみが出ました(左)!右はオオウバユリの葉っぱです。植物の勉強を始めたばかりのころは区別がつかなかったけど・・・全然違いますね。2009_04080015

オオカメノキさん(左)の冬芽もふくらんで来ました。右はバイケイソウの芽出しです。力強いですね。2009_04080004

ハウチワカエデ(左)とミズキ(右)の新しい枝です。どちらも赤い枝で似ていますが、このあとそれぞれ全然違う葉っぱが出てきます。楽しみですね~。 2009_04080017_3

 

|

2008年6月 3日 (火)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その17 初夏です。~

 今日は6月3日。一週間ぶりのブログの更新です。朝、薬草園と北方系生態観察園へ行ってきました。あっと言う間に植物たちは育っていきます。

 先ずは・・・

01 02_2

 日本のボタン。今が見ごろです。花はあと2日もすると枯れてしまうでしょう。

 チョウセンゴミシの花も終盤でした。ちょっとお見せできません。

 次は・・・

Photo

 よく見るときれいです。ギョウジャニンニクの花が満開!

 そして何故かこの植物が薬草園にあるのです。

Photo_3

 オオアマドコロの花が満開!北方系生態観察園のオオアマドコロは終盤!

 森へ続く階段のそばにはハルジオンが可憐に咲いてました。

Photo_4

 森の入り口には・・・

Photo_5

 大きなバイケイソウが満開です。

 オオハナウドも満開!

Photo_6

 で、早春にカタクリやエゾエンゴサクが満開だった所はもう暗い森になってました。

 こんなふう!

01_2

 ここを右に曲がって階段を登って東の尾根に出ると・・

Photo_7

 待ちに待ったシウリザクラの花が開花しました。目の前で見ることができます。

 そして、やっと新葉を出し始めましたよ!イヌエンジュです。

Photo_8

 東の尾根沿いの森の中はマムシグサでいっぱいでした。

Mamusigusa_2

 ツクバネソウも今が盛り。クルマバツクバネソウはもう実に成り始めてます。

Photo_9

 さらに暗い林床に、パッと雪のような花が・・・

Photo_10

 東の尾根から谷へ降りていく所はこんなふう・・・

 下の左側の写真は谷の方。右が振り返って見たところです。もう夏の様相です。

02_3  03 

 そして・・・早春にエゾノリュウキンカたちで一面黄色だった谷も・・・

04

 光が届きにくい谷になってます。

 今日はこの橋を使わず、奥にある2つ目の橋を超えて、一番急斜面を登りました。

途中にツリバナが開花していました。よーっく見ないと分からない小さなクリーム色の花です。

Photo_11

 ツリバナと同じニシキギ科のコマユミも開花です。とっても地味な花です。

Photo_14

 階段を登りきって、ヒカゲノカズラのある辺りには、珍しいユウシュンランが咲いてました。年々増えています。写真は撮ったのですが・・・ブレました。スミマセン!

 池の方ではクリンソウが見ごろです。

Kurinnsou   Kurinnsou02

 ベニバナイチヤクソウも今が見ごろ。傍のノビネチドリはもう終盤です。

Photo_12

 真新しいサルナシ(コクワ)の葉を逆光で見るとすばらしい!

Photo_13

 森の出口にいるミズキの花も咲き始めました。

Photo_15

|

2008年5月26日 (月)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その16 初夏です。~

 5月最終週です。北方系生態観察園内はもう初夏。木々たちの葉が生い茂り、だんだんと林床に光が届かなくなってきました。

 薬用植物園の薬草たちはこれからが本番です。

 先ずは、薬用植物園の植物たちからご覧になって下さい。

 薬用植物園の入り口には、フジの花が咲きました。一昨年植えたので、りっぱになるにはまだまだ時間がかかりますが・・・お花の色はよいですね。

080526

 薬草園のHPのトップページのボタンの蕾はこんなふうになっています。

080526_2

 皆さん、明日か明後日・・・咲きますよ!お見逃し無く!

 でお次は・・・

080526_3

 森の中にもあるのですが・・・私がこの大学に来たときには薬草園内にいました。マムシグサ(サトイモ科)です。

 同じサトイモ科の仲間でもこれは、漢方薬には欠かせぬものですよ。生薬名は半夏。和名はカラスビシャクです。開花しました。

080526_4

 半夏厚朴湯は気鬱、気滞の特効薬です。

 新しい棚にはこんなのが満開です。

080526_5

 アケビの花ですよ。

 一通り見た後は・・・森へ入ります。入り口までの階段にハルジオンがいました。皆さん、ヒメジオンとの区別、つきますか?

080526_6

 入り口からすぐの階段の右側に目立たないアオチドリ(ラン科、下左)とヤブニンジン(セリ科、下右)の花が開花していました。

080526_7  080526_8

 大きなカタクリたちがたくさんいた場所には・・・

 実がどんどん熟しています。蟻たちがこの種を運び出すのももうすぐ!

080526_9

 クルマバソウも林床一面満開でした。

080526_10

 コンロンソウ(アブラナ科)も満開です。

080526_11

 ふと見上げるとシウリザクラの花芽がいっぱい!あと一週間ほどで開花ですね。

080526_12

 色が変なクルマバツクバネソウを見つけました。昨年も同じ場所にいましたから・・・

080526_13

 森のツクバネソウも満開です。

080526_14

 どちらも目立たない色の花ですよ。お見逃し無く!

 

 さらに・・・

080526_15

 地味な花ですが・・・毒草なのですが・・・よく見るとキレイ!

 下にアップで撮った写真も載せました。

08052602_2

 さらにさらに・・・

 ベニバナイチヤクソウも開花です。ホント、キレイですよ。

080526_17

 そうそう、マイヅルソウも満開です。林床のいたるところに見ることができます。

080526_18

 ユキザサの可憐な花もご覧下さい。

080526_19

 お池のそばに、エンコウソウが満開でした。

080526_20

 そしてお水が大好きなクリンソウも開花し始めました。

080526_21

|

2008年4月16日 (水)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その11 緊急情報!カタクリが咲きました~

 緊急情報です!!!!カタクリ開花しました!!!

例年よりも2週間も早い開花!!!昨年は1週間早い!!!・・・地球の温暖化か・・・

先ずは・・・

08041601 08041602

 蕾もこんなに!きっと明日開花かもです。

08041603 08041605 08041606 08041604

 まあざっとこんなふうです。

 春は相当なスピードで加速してやってきます。

080416_2

 どんどん育つ!

 こんなのも・・・

080416_3

 オオウバユリです。

080416_4

 エゾニュウもこんなふう。

080416_5

 バイケイソウ。

08041601_2

08041602_3  08041603_2

 ナニワズも最高潮!

080416_6

 クルマバツクバネソウ。

080416_7

 ユキザサ。

080416_8

 重要な漢方薬に配されるトチバニンジンの芽出し。

080416_9

 エンレイソウの蕾。

080416_10

 ヨブスマソウ。

08041602_4

 オオアマドコロ・・・で・・・次はこうなります。

08041601_3 

 一皮剥けました。

080416_11

 ヒメイチゲも開花です。周辺にいるのはマイヅルソウの葉っぱ。

 谷へ降りると・・・

08041601_4

 エゾノリュウキンカ。

080416_12

 ミズバショウも絶好調!

080416_13

 ザゼンソウ。

 そして・・・

080416_14

 ミドリザゼンソウです。

 今年の春はとっても変です。

|

2008年4月 9日 (水)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その8 エゾエンゴサク三昧&発陳のエネルギー~

 今日は本当に温かな日でした。北方系生態観察園の森の植物たちもどんどん成長しています。

 先ずは森の様子から・・・

08040902_2

 東の尾根へ上る階段にも全く雪が無くなりました。この両側はやがて一面エゾエンゴサクとカタクリでいっぱいになるんです。

080409_3

 正面はさきほどの階段の手前にある森で一番大きなイタヤカエデです。遠くから見ると何も植物たちがいないように見えますが・・・・木の根元に近づき、しゃがんでよーっく見てみると・・・漢方でいう春の「発陳」のエネルギーでいっぱいでした。

先ずは・・・

08040901_4

エゾエンゴサクだらけ・・・でもこの中にカタクリが一株だけいるんですよ(笑)。お分かりでしょうか?

08040901_5

 真ん中に蕾を持ったカタクリ。その両側は若いエゾエンゴサクたちです。

08040902_3

 蕾を持ったエゾエンゴサク。明日開花ですね。きっと!

 まだまだ発陳のエネルギーは続きます。

08040903_2

08040904_2

 すてきな一株だったので、アートっぽく撮影してみました。キャノンの100mmマクロレンズを使ってみました。いかがですか?

08040902_4

 エゾエンゴサクたちの元気はまだまだ続きます。

08040903_3

08040904_3

08040905_2

 正面にピンク色のエゾエンゴサクがいました。近づいて接写すると・・・

 先ほどアートっぽく撮ったエゾエンゴサクを立位置で撮ると・・(下右側)

08040906_2 08040907_2

 いやはや・・・デジカメ一眼レフカメラでもそこそこ撮れます。

 それにしても一口にエゾエンゴサクと言っても実に色々いましたね。どれもこれもよく見ると全て違ってます。実はこれが漢方の一番大切なことなんです。100株のエゾエンゴサクがいたら全て異なる!人も同じです。100人いたら全て異なる生命体である!科学、西洋医学の「人は皆同じ!」と対極的な考え方なんです。どちらが良いとか悪いとかではなく、どちらが正しく、どちらが間違っているとかではなく、人は全て異なる。ここから始めると、ひょっとしたら人間同士の争い事はかなり減るように思えますが。いかがでしょう?

 両方の考え方を合わせると何か新しい哲学が生まれそうな気がするのは私だけでしょうか?

 飛び立つ鳥に見えませんか?カタクリがこんなになってました。

08040901_6

 森の中(東の尾根)の状態はこうです。

08040903_4

 もう雪は全く無くなってます。

 そして・・・エゾニュウがこんなふうになってました。

080409_4

 下の2枚の写真。左がナニワズの雌花。右が雄花です。ご存知でしたか?

080409_5 080409_6

 そして・・・

080409_7

 バイケイソウたちです。

 さらに・・・

080409_8

 クルマバツクバネソウたちです!

 まだまだ発陳のエネルギーをお届けします!

080409_9 080409_10

 上の2枚の写真。左がオオアマドコロ。右がユキザサの芽出し!

 そして・・・

08040901_7 08040902_5

 上の2枚。ルイヨウボタンの発陳エネルギーです。

 で、一気の谷へ降りてみました。

08040904_4

 さすがにまだまだ雪が残ってます。今時期はで・す・ね・・・橋の上に座ると・・雪融け水の流れる音が・・・これまた耳から入ってくる感動!心のクスリってヤツです。雪の上を通ってくるそよ風もまた良し!生きるエネルギーが倍増!ってことになります。

 で、もっと近づいて見ると・・・いやはや、カメラのファインダーの中は春の光でまばゆいばかりでした。エゾノリュウキンカが流れの傍にひっそり!で、そのすぐ傍には・・・ステキな黄色い花が咲いてるってことで・・・!完璧ですね!

08040905_3  08040901_9

08040902_6

08040903_5

 あと半月もするとこの谷は真黄色になっていきます。

 皆さん!一年に一度しか見ることができません。お金を出しても絶対無理なんです。ぜひぜひ見に来て下さい。

|

2008年4月 4日 (金)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その6~

 月曜日の森の植物たちの状況をお伝えしたから中4日もたってしまいました。4月4日(金)の森の植物たちの状況をお伝えします。

 先ずは北方系生態観察園の入り口から・・

080404

 雪もかなり融け、長靴なら散策できる状態になってきました。管理されている加藤さんが毎日雪割をしてくださっているので、歩きやすくなっています。

 森の入り口で(右側)でこんなのを見つけました。

08040402

 朝がたふった雨の水滴がついたタチヤナギくんたちです。

 で、森の中に入ってすぐに大きな木の切り株には・・・

08040402_3

 ツルアジサイの芽出し直前です。

080404_3   080404_4

 上はやはりツルアジサイ。下は・・・サルノコシカケ科のキノコの一種。

 下の2つはアキタブキ。上段の状態をフキノトウといいます。

080404_5  08040402_4

 下の2枚の写真上段はエゾニュウくん。どんどん育ってます!

下段の写真はバイケイソウの芽出しです。

 080404_6 080404_7

 本日のトピックは2つあります。

先ずは・・・

080404_9

 エゾエンゴサクくん。この株は明日か明後日、天気が良くて暖かければ開花しそうですぞ!森で一番最初に咲く一番花!撮影してみませんか?

 2番目はこれ!

080404_10

 ナニワズくんが開花しました!一番花です。春はどんどん加速してます。

 谷へ下りると・・・

080404_11

 エゾノリュウキンカくん。もうすぐ開花です!

 薬草園のほうにも春はやってきてます。

080404_12

 オウレンが明日か明後日・・・開花です。

|

2008年4月 2日 (水)

薬草園・北方系生態観察園情報 ~その5~

 北海道医療大学・北方系生態観察園の植物たちの情報をお伝えします。今週月曜日の3月中旬ころの暖気が去って、先週から寒い日が続いているためか少し春の進み方が遅くなったようです。

 北方系生態観察園はこんなんです。

080331

 今日は池の方からご覧になって下さい。まだまだ氷がはっています。私は何を撮影しているかというと・・・これです。

08033101      08033102_3

 カメラのファインダーの中はケヤマハンノキの雄花が満開でした。上右の写真は開花直前に雄花全体が赤くなります。ちなみにぶら下がった雄花の上にちょこんと赤い小さな突起物は雌花です。

 谷へ下りてみました。

まだまだ雪が深いのですが・・・段々と水の流れがはっきり分かるようになってきました。

水の中にはエゾノリュウキンカの蕾が・・・少し暖かくなれば開花するのでしょうね。

08033101_4 080331_2

 東の尾根へ上ってみるとそこは色々な植物たちの芽出しが・・・

080331_3 080331_4

 上左はたぶんバイケイソウ、上右はエゾエンゴサクの芽出しです。

 さらには・・・漢方で言えば実証(心も体も熱いヤツ)タイプのエゾニワトコがこんなになってました。森中のエゾニワトコの中でここだけ突出した速さです。

08033101_5 08033102_4

 まだまだ芽出しはあります。

080331_5

 私の大好きなオオカメノキもなんだか動き始めているようです。

08033103 08033101_6

 クルマバソウも着実に育ってます。

08033101_7

 クルマバツクバネソウ&オオハナウドです。

今日は午後から晴れるとの天気予報です。森へ出かけてみようと思っています。

|

その他のカテゴリー

アオチドリ アカイタヤ アキタブキ アケビ アズキナシ アミガサユリ イカリソウ イケマ イタヤカエデ イチヤクソウ イヌエンジュ イベント情報 ウリノキ エゾアジサイ エゾエンゴサク エゾニュウ エゾニワトコ エゾノリュウキンカ エゾヘビイチゴ エゾムラサキツツジ エゾユズリハ エンコウソウ エンレイソウ オウレン オオアマドコロ オオイタドリ オオウバユリ オオカメノキ オオダイコンソウ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオバボダイジュ オオヤマザクラ オククルマムグラ オシダ オニグルミ オニシモツケ オニノヤガラ オヒョウ カタクリ カラスビシャク カラマツ キツリフネ キハダ キバナノイカリソウ キリ ギョウジャニンニク クリンソウ クルマバソウ クルマバツクバネソウ クルマユリ クワ ケヤマハンノキ ゲンチアナ コシアブラ コマユミ コンロンソウ サラシナショウマ サルナシ サワシバ ザゼンソウ シウリザクラ シナノキ ショウジョウバカマ シラカバ ジギタリス スイレン スハマソウ スミレ セイヨウサクラソウ タチヤナギ タツタソウ タニギキョウ チシマアザミ ツクバネソウ ツタウルシ ツリバナ ツルアジサイ ツルシキミ ツルニンジン ツルリンドウ トチノキ トチバニンジン トモエソウ ナナカマド ナニワズ ニセアカシア ニリンソウ ネコノメソウ ネジバナ ノビネチドリ ノリウツギ ハイイヌガヤ ハウチワカエデ ハクウンボク ハリギリ バイカイカリソウ バイケイソウ ヒスイカズラ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメヘビイチゴ フクジュソウ フッキソウ フデリンドウ ベニバナイチヤクソウ ホウチャクソウ ホオノキ ホザキイカリソウ ボケ ボタン マイヅルソウ マタタビ マムシグサ ミズキ ミズナラ ミズバショウ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミヤマスミレ ムラサキシキブ モクレン ヤブニンジン ヤマウルシ ヤマゴボウ ヤマネコヤナギ ヤマブドウ ユウシュンラン ユキザサ ヨツバヒヨドリ ヨブスマソウ ルイヨウショウマ ルイヨウボタン レンプクソウ 北方系生態観察園 温室 漢方・薬用植物研究会 薬草園 雪解け