ヒスイカズラ

2010年4月20日 (火)

4月20日 ヒスカズラの見ごろがピークです

 4月20日のヒスイカズラの様子をお届けします。

 見ごろがピークです。

01

 アップでもご覧下さい。

02 03

 4月25日(日)は午前11時から温室を開けます。ぜひご覧になってください。

|

2010年3月23日 (火)

3月23日の温室(ヒスイカズラ情報)・・開花です!

 ついにヒスイカズラが開花です。

 温室内の植物たちを愛情こめて管理してくださっている宮本さんのお話では、先週の土曜日に開花したそうです。

10032301s 10032302s

 アップでも!

10032304s 10032305s

 8年前、当時、薬草園園長だった堀田先生と、植物の達人、吉田尚利さんが、北海道医療大学の大きな特徴になると思い、温室に導入した熱帯性の絶滅危惧植物が、色々な人たちの熱い想い、願いを乗せて見事な花を咲かせます。これから先は、もっともっとすばらしいことになっていくはずです。

 北方系生態観察園の森は13年。本物は長い時をかけて持続、熟成されてこそなのかもしれません。

 この見事な翡翠色の植物をぜひ見に来てください!

|

2010年3月17日 (水)

3月17日の温室(ヒスイカズラ情報)

 3月17日朝、温室へ行ってきました。

 待ち遠しいですね~

 元北海道大学薬学部薬用植物園を40年近く担当していた吉田尚利氏(私は森の人とお呼びしています。植物に関しては達人ですね)が8年間丹精込めて育てたヒスイカズラです。

 満開になるのは、来週でしょうか・・・。恥ずかしながら、私もこんなに定期的に観察した事がなかったので、蕾から開花までにこんなに時間がかかるとは・・・驚きです。

 早速・・・

 下の2枚の写真は、同じ房です。100mmのマクロレンズでは全体が入りきらなかったです。

1003171203 1003171301_2

 たーくさんの花芽を持った房もまだまだ5つくらいはあったでしょうか・・・

10031704 10031706_2

 洋ランも咲いてます。

10031701 10031702

 ぜひお越しくださいませ。

|

2010年3月11日 (木)

3月11日の温室(ヒスイカズラ情報)

 毎日春に近づいていますね。

 温室内のヒスイカズラもどんどん育っています。3月11日のヒスイカズラくんをお届けします。

 これが一番先に咲きそうな蕾たちです。

 もうすぐですのに・・・

10031101s 10031103s

 でも、一番蕾を激しく追っかけているのもたくさんいます。

10031102s 10031104s 10031105s 10031106s

 さて、こんなんになるのはいつでしょう?

F6001517

|

2010年3月 9日 (火)

3月9日の温室(ヒスイカズラ情報)

 3月9日夕方のヒスカズラ情報です。こんなんです!

10030901 10030902

 少しブレちゃいました(汗)。

 明日の開花はなさそうですが・・・

 またブログでお伝えしますね!

|

2010年3月 5日 (金)

3月5日の温室(ヒスイカズラ情報)

 先ほど温室へ行ってきました。

 皆さんお待ちかねのヒスイカズラ情報をお届けします。前回は2月24日でしたね。さあ、どうなっているでしょうね。

 早速です。

02s 03s

 一番花が咲きそうな房(上左)は・・・もうすぐですねえ~(笑)。3月10日前後に初開花ではないかと思います。たぶん、園長さんが北海道新聞社に情報を流すと思いますので、お楽しみに!

 今年はたーくさん、花芽のついた房(上右)がありますので、楽しみです。

 温室には熱帯、亜熱帯性の植物たちがぎっしりですよ。

 パイナップル(下左)やバナナ(下右)も見ることができます。

S S_2

 それに・・・本物のバニラビーンズだって育ってますし、本物のコーヒー豆(下右)だって!

S_3 S_4

 めったに見ることのできないものばかりです。

 平日は一般の方も見ることができますので、ぜひお越しください!

 ヒスイカズラはもうすぐ開花です。

|

2010年2月24日 (水)

2月25日の温室(ヒスイカズラ情報)

 皆さんしばらくぶりです。2月も残りわずか・・・。日に日に春の日差しになってきていますね。もうすぐ・・・北海道医療大学・北方系生態観察園は様々な植物たちの芽出しエネルギーでいっぱいになります。もう少しです。

 その前に・・・知る人ぞ知る・・・南島の絶滅危惧種、ヒスイカズラが温室でもうすぐ咲きます。定期的に情報をお伝えします。

 2月25日は・・・いよいよ花芽がたーくさん出現してました。一番大きな花芽を撮影してきました(下右)。鮮やかな翡翠色の花(下右)が咲くのは3月10日前後だそうですが・・・さて・・・今年の開花日はいかに・・

01 02_2 

 花びら1枚に近づいてアップで撮影してみました(昨年です)。

03

 すばらしいですね(笑)。

 温室には、ほかにも亜熱帯性の植物がいーっぱいです。ぜひ見に来てください。

 今日はセイロンベンケイソウ(別名トウロウソウ、写真左)とたわわに実ったバナナを撮影してきました。美味しいそうですねえ~(笑)。

Photo Photo_2

|

2009年4月12日 (日)

今日もポカポカ陽気。

北方系生態観察園の植物たちはぐんぐん成長しています。

水辺のエゾノリュウキンカも気持ち良さそうです。2009_04120028 2009_04120029

左はルイヨウボタンの芽出し。まだ皮を被っているので地味ですが、もうすぐとても個性的な顔を出すはずです。右はエゾニワトコの芽出しです。2009_04120022

ピンク色のエゾエンゴサクさんを見つけてしまいました。2009_04120013

クルマバツクバネソウさんの葉っぱも開き始めました。2009_04120010 こんなに群生しているところもあります。2009_04120019

枯葉を突き破って出てきた元気なギョウジャニンニクくん。2009_04120015

エンレイソウさんも、もうつぼみを持っています!2009_04120017

薬草園のボケとモクレンも花芽を膨らませています。2009_041200372009_04120036

最後に温室をチェック。ヒスイカズラ(左)、マダガスカルジャスミン(右)、インドジャボク(下)の花です。

2009_04120042_2 2009_04120039

|

2009年4月 7日 (火)

エゾエンゴサク、ナニワズ、エゾノリュウキンカ、オウレンが開花しました!

まずは、薬草園のオウレンです。2009_04070003
今朝は結構冷え込んだのですね。池にうっすら氷が張っていました。2009_04070056
もうほとんど雪は残っていません。これからどんどん新しい芽が吹き出してきます。2009_04070006

2009_04070004 ザゼンソウです。

2009_04070034 エゾニュウと、フキノトウ。

2009_04070041 クルマバツクバネソウがツンツン出てきました。

2009_04070020 ニリンソウとコンロンソウです。ニリンソウはもうつぼみを持ってます!

2009_04070011 ギョウジャニンニク、光のファンタジーです。

2009_04070009 ついにカタクリさんも顔を出しました!そして・・・・ついに・・・!
2009_04070024 エゾエンゴサクくんの一番花開花です!

2009_04070015 ナニワズさんも雄花と雌花そろって咲きました!

2009_04070008 森の木々たちの中で一番早く葉っぱを出すシウリザクラくん(左)。もうすぐここから炎のような葉っぱが出てきます。右はエゾニワトコさん。早くもほころびかけています。

2009_04070044 谷ももうこんなに雪解けが進んでいます。
2009_04070046 エゾノリュウキンカくんも咲きました!2009_04070051

最後に温室のヒスイカズラをチェックしてきましたが・・・2009_04070058 温度差でレンズが曇ってしまって・・・・でもこれはこれで幻想的でいいですね。まだまだつぼみがぶらさがっていたので、4月いっぱいは楽しませてくれそうです。

|

2009年3月17日 (火)

雪解けまでもう少しです

3月16日、東京から取材の方がいらっしゃったので、一緒にまだ雪が残る北方系生態観察園にカンジキを履いて行って来ました。
2009_03160016
もしかしたら、少しは地面が見えていて春一番の芽出しに出会えるかも?なんて期待して行ってみたのですが、やっぱりまだ早かったみたいです。
2009_03160017
堀田先生はオオカメノキのウサギさんを撮影していました。
2009_03160022
2009_03160025

温室のヒスイカズラはちょうど見頃です。
2009_03160027

|

その他のカテゴリー

アオチドリ アカイタヤ アキタブキ アケビ アズキナシ アミガサユリ イカリソウ イケマ イタヤカエデ イチヤクソウ イヌエンジュ イベント情報 ウリノキ エゾアジサイ エゾエンゴサク エゾニュウ エゾニワトコ エゾノリュウキンカ エゾヘビイチゴ エゾムラサキツツジ エゾユズリハ エンコウソウ エンレイソウ オウレン オオアマドコロ オオイタドリ オオウバユリ オオカメノキ オオダイコンソウ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオバボダイジュ オオヤマザクラ オククルマムグラ オシダ オニグルミ オニシモツケ オニノヤガラ オヒョウ カタクリ カラスビシャク カラマツ キツリフネ キハダ キバナノイカリソウ キリ ギョウジャニンニク クリンソウ クルマバソウ クルマバツクバネソウ クルマユリ クワ ケヤマハンノキ ゲンチアナ コシアブラ コマユミ コンロンソウ サラシナショウマ サルナシ サワシバ ザゼンソウ シウリザクラ シナノキ ショウジョウバカマ シラカバ ジギタリス スイレン スハマソウ スミレ セイヨウサクラソウ タチヤナギ タツタソウ タニギキョウ チシマアザミ ツクバネソウ ツタウルシ ツリバナ ツルアジサイ ツルシキミ ツルニンジン ツルリンドウ トチノキ トチバニンジン トモエソウ ナナカマド ナニワズ ニセアカシア ニリンソウ ネコノメソウ ネジバナ ノビネチドリ ノリウツギ ハイイヌガヤ ハウチワカエデ ハクウンボク ハリギリ バイカイカリソウ バイケイソウ ヒスイカズラ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメヘビイチゴ フクジュソウ フッキソウ フデリンドウ ベニバナイチヤクソウ ホウチャクソウ ホオノキ ホザキイカリソウ ボケ ボタン マイヅルソウ マタタビ マムシグサ ミズキ ミズナラ ミズバショウ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミヤマスミレ ムラサキシキブ モクレン ヤブニンジン ヤマウルシ ヤマゴボウ ヤマネコヤナギ ヤマブドウ ユウシュンラン ユキザサ ヨツバヒヨドリ ヨブスマソウ ルイヨウショウマ ルイヨウボタン レンプクソウ 北方系生態観察園 温室 漢方・薬用植物研究会 薬草園 雪解け