« 4月25日(日)第1回漢方・薬用植物研究会 ほぼ満員御礼です。 | トップページ | 4月28日の北方系生態観察園 »

2010年4月26日 (月)

4月26日の北方系生態観察園

 昨日(25日)に開催された第1回漢方・薬用植物研究会も180名の方が参加してくださり、大成功でした。講演者の岡本洋典さんの講演もまたすばらしい!

 第2回は堀田准教授が、北方系生態観察園の元気な植物たちと「21世紀の漢方学」について講演します。ぜひお越しくださいませ。開催日は5月16日(日)、9時半からです。

 さて、4月26日の北方系生態観察園の様子です。今週はカタクリさんが咲くかもしれません。

 ダイジェストでお送りします。

 散策路の雪もほとんど無くなりました。右手はカタクリでいっぱいになる斜面です。

201001

 一見なにもなさげに見えますが・・・

010426

02a0426 02b0426

 もうすぐです。

 エゾエンゴサクもきました。

03

 中にはピンク色のもいますよ。

 エゾノバッコヤナギの花が咲き始めました。すばらしいですよ。

01 02

 あのエゾニュウも・・・、こんなんです。

Photo

 エンレイソウも咲き始めました。

03_2 02_2

 オオアマドコロ(下左)とユキザサ(下右)です。

Photo_2 Photo_3

 オオウバユリ(下左)とオオハナウド(下右)。

Photo_4 Photo_5

 極めつけはこれ!

 エゾノリュウキンカが谷で咲き始めました。

01_2

 漢方での病気予防の極意は自然と調和することです。

 春は「発陳(はっつちん)」。文字通り、古きを捨て、新しい何かに進むことです。早春の森の植物たちがそのことを教えてくれます。    

 

|

« 4月25日(日)第1回漢方・薬用植物研究会 ほぼ満員御礼です。 | トップページ | 4月28日の北方系生態観察園 »

北方系生態観察園」カテゴリの記事