« 北方系生態観察園の植物たちが薬学会誌ファルマシアの表紙に! | トップページ | 4月14日の北方系生態観察園と薬草園 »

2010年4月12日 (月)

4月12日の北方系生態観察園

 今日は4月12日。4月8日のブログから4日経ちました。

 今朝、朝早く北方系生態観察園の森に行ってきました。たった4日ですが、ものすごく変化しています。

 さっそくです。

 薬草園もすっかり雪がなくなりました。マスの中では色々な薬用植物が芽吹き始めています。

2010041201

 森へ続く階段もこの通りです。

2010041202

 森のは入り口にいるタチヤナギはもうこんなんです。

Photo_3

 散策路のそばでキバナカタクリの芽出しが始まっていました。

2010041203jpg

 さて、カタクリが満開になる斜面ですが・・・

 かなり雪融けが進んでいますが、まだまだです。

2010041204

 大きな木の根元は暖かい。

 いつものところにいつものように、元気者のカタクリが1株だけ(下左)。

 それとオオハナウドが成長しています(下右)。

Photo Photo_2

 東の尾根は雪融けが早いです。

2010041205

 長靴があれば歩けます。

 今日は天気が良いので、展望台で1枚です。

 雨で汚れのとれた空気は澄んでいます。札幌方面がこんなにくっきりすっきりです。

2010041206   

 ここでは様々な植物たちが動き始めています。

 エゾノバッコヤナギもプクプクしてきました。もうすぐ花が咲きます。

01 Photo_4

 一口にエゾエンゴサクといってもその芽出しは全て異なります。紫色の芽出しは珍しい(下左)。もう花が咲きそうです(下右)。

02 03

01_2

 赤い芽出しのエゾエンゴサクも見つけました。

04 

 さらに・・・、オオハナウドたちが元気です。芽出しのフサフサした細かい毛がキラキラしているのは、なんともいえない感動的な場面です。

01_3 Photo_5

 フキノトウ(アキタブキ)です。

Photo_6

 オオウバユリも出てきました。その横にはクルマバツクバネソウです。

Photo_7

 さあ、早春の森はどんどん変わっていきます。

 ステキなエネルギー、元気をどんどんもらいに行きましょう!

   

|

« 北方系生態観察園の植物たちが薬学会誌ファルマシアの表紙に! | トップページ | 4月14日の北方系生態観察園と薬草園 »

北方系生態観察園」カテゴリの記事