« 平成21年度 第2回漢方・薬用植物研究会 | トップページ | 春の森・第二ステージ ~その2~ »

2009年5月15日 (金)

春の森は第二ステージの始まりです

今朝も朝早く北方系生態観察園に出かけました。2009_05150079現在工事の関係で、薬草園には入れません。北方系生態観察園にはこちらの階段を上っていくルートで入っていただくことになっています。階段の前に赤いポストがあります。このポストの中に来園者の記名ノートと、パンフレットが入っています。来園者の方は必ずこの記名ノートにお名前をご記入ください。

水辺の径から北方系生態観察園に入っていきます。2009_05150080
2009_05150082ため池の周りはもうこんなに緑がこんもりしています。
池にはミツガシワが花盛りです。2009_05150085
ゼンマイ(左)とタチツボスミレ(右)です。2009_05150091
ニリンソウは終盤です。中心に種が出来ていますよ。2009_05150094
カタクリさんは種になってしまいました。カタクリさんの後にはクルマバソウさんたくさん伸びてきています。2009_05150154
エゾノリュウキンカさんも終わってしまいました。また来年会えるのを楽しみにしましょう。2009_05150102 後にはオオハナウドやヨブスマソウなど背の高い植物がどんどんエゾノリュウキンカの背丈を追い越して伸びています。アキタブキのトウもひときわ高く立っていました(左)。エゾノリュウキンカの足元を見るとニリンソウも咲いていました(右)。2009_05150103
ベニバナイチヤクソウ(左)、ノビネチドリ(右)はもうつぼみを持っています。2009_05150099
オオバナノエンレイソウ(左)、マムシグサ(右)が咲いていました。2009_05150107
ルイヨウボタンも開花です!この花も花期が短いですから、お見逃しなく。2009_05150124
アカミノエンレイソウ(左)、キバナノイカリソウ(右)です。2009_05150134 エンレイソウには赤実、黒味、緑実の三種類があるんですよ。キバナノイカリソウは、もともとこの山にはなかったのですが、この近辺には普通に生えている植物だということで、植えられました。このように後から植えられた植物が、北方系生態観察園内には何種類かあります。

つぼみをつけている植物たちをご紹介します。2009_05150130 2009_05150127 上段左からツクバネソウ、ユキザサ、トチバニンジン、オオハナウドです。

ここからは、木々たちの様子をご紹介しましょう。2009_05150105
ホオノキの新葉です。2009_05150096
サワシバの新葉です。2009_05150108
オオカメノキ(左)、ハウチワカエデの新葉です。2009_05150116
オヒョウの新葉です。2009_05150139
左はイタヤカエデの花、右は見にくいかも知れませんが、シウリザクラのつぼみです。2009_05150081
タラの芽です。採らないで下さいね(笑)。2009_05150159
最後に展望台から撮影した大学と石狩平野の眺めです。2009_05150150 2009_05150151 田んぼに水が入りました。今や日本一美味しい北海道のお米づくりの始まりです。

|

« 平成21年度 第2回漢方・薬用植物研究会 | トップページ | 春の森・第二ステージ ~その2~ »

北方系生態観察園」カテゴリの記事

カタクリ」カテゴリの記事

ホオノキ」カテゴリの記事

シウリザクラ」カテゴリの記事

ニリンソウ」カテゴリの記事

アキタブキ」カテゴリの記事

エゾノリュウキンカ」カテゴリの記事

サワシバ」カテゴリの記事

オオハナウド」カテゴリの記事

オオカメノキ」カテゴリの記事

ハウチワカエデ」カテゴリの記事

ルイヨウボタン」カテゴリの記事

エンレイソウ」カテゴリの記事

ツクバネソウ」カテゴリの記事

ユキザサ」カテゴリの記事

トチバニンジン」カテゴリの記事

オオバナノエンレイソウ」カテゴリの記事

ミツガシワ」カテゴリの記事

イタヤカエデ」カテゴリの記事

キバナノイカリソウ」カテゴリの記事

マムシグサ」カテゴリの記事

ノビネチドリ」カテゴリの記事

ベニバナイチヤクソウ」カテゴリの記事

オヒョウ」カテゴリの記事