« 春の森は第二ステージの始まりです | トップページ | 春から夏へ »

2009年5月20日 (水)

春の森・第二ステージ ~その2~

4月ほど、森の植物たちの変化のスピードは急ではないとはいえ、5月に入って植物の種類の数が、爆発的に増えつつあります。というわけで今日も観察に出かけました。

エゾニワトコ(左)とミズキ(右)のつぼみです。P5200003

池のほとりにクリンソウの一番花(左)が咲いていました。右はエゾノリュウキンカに似ていますが、エンコウソウという植物です。P5200008

サワシバの雌花(左)と雄花(右)です。P5200010

ノビネチドリが開花しました。光を浴びたのとそうでないのとではぜんぜん違って見えますね。P5200014

サルナシの新葉です。赤と緑のコントラストと、葉柄の産毛が光っているのが素晴らしいですね。P5200015

エゾヘビイチゴです。実は食べられますが、北海道ではエキノコックスの心配があるので、生で食べるのは控えましょう。P5200018

イヌエンジュの新葉です。他の木々たちよりだいぶ遅れて展開し始めるこの新葉は銀色の何ともいえない神秘的な色合いです。P5200023

ホオノキの新葉が開き始めて、赤い新芽を包んでいたピンク色の鞘と新葉の若緑色の組み合わせが素晴らしいです。花よりもきれいかも知れないと思います。P5200024 P5200030

これはエゾユズリハの新葉です。新しい葉が出てから古い葉が落ちるので「譲り葉」という名前が付いたそうです。P5200045

これは何だか分かりますか?P5200029 P5200031 エゾノリュウキンカの種です。花は終わってしまいましたが、最後まで見てあげてくださいね。

こちらはヒメイチゲの種です。P5200042

春の森第二ステージは白くて小さい地味な花が多いです。華やかさには欠けますが、探して見つける喜びがあります。P5200035 P5200044 P5200049上段左からクルマバソウ、マイヅルソウ、ツルシキミ、ルイヨウショウマ、ユウシュンラン、コンロンソウでした。

オオハナウドのつぼみ、大きな鞘から顔を出しました。P5200067

シウリザクラのつぼみもたくさんついています。今年は枝が成長して重みで垂れ下がり、目の前で咲いてくれそうです。楽しみです。P5200071

黒実と青実のエンレイソウです。ほかに赤実もあります。P5200065

エゾハルゼミの抜け殻と本体。この時期たくさん抜け殻を見つけることができます。P5200070

最後に、P5200072
オシダの真ん中に生えたクルマバソウさん。何か面白かったので思わず撮ってしまいました。こういう楽しい発見がたくさんある北方系生態観察園にぜひお越し下さい。

|

« 春の森は第二ステージの始まりです | トップページ | 春から夏へ »

ホオノキ」カテゴリの記事

シウリザクラ」カテゴリの記事

コンロンソウ」カテゴリの記事

エゾノリュウキンカ」カテゴリの記事

エゾニワトコ」カテゴリの記事

サワシバ」カテゴリの記事

クルマバソウ」カテゴリの記事

オオハナウド」カテゴリの記事

ミズキ」カテゴリの記事

エンレイソウ」カテゴリの記事

ヒメイチゲ」カテゴリの記事

ルイヨウショウマ」カテゴリの記事

マイヅルソウ」カテゴリの記事

ツルシキミ」カテゴリの記事

イヌエンジュ」カテゴリの記事

ノビネチドリ」カテゴリの記事

サルナシ」カテゴリの記事

エンコウソウ」カテゴリの記事

クリンソウ」カテゴリの記事

オシダ」カテゴリの記事

エゾヘビイチゴ」カテゴリの記事

エゾユズリハ」カテゴリの記事

ユウシュンラン」カテゴリの記事